タピオカ鍋とは一体?まだまだ続くタピオカブーム。

昨年2019年の流行語にタピるという言葉がノミネートされるほど、日本全国で大流行し続けているタピオカ。

今回のブームでは、タピオカミルクティーという飲み物だけではない新たな分野への可能性も見せています。

タピオカと言えば、パフェ、アイス、アメなど甘い系に使われているというイメージですよね?

しかし、実は甘い系の掛け合わせだけではありません。
「タピオカ×鍋」が今ブームになっているそうです。

ここでは、気になる「タピオカ鍋」に関して、2点に分けて解説していきます。

1点目は、タピオカ鍋とは?具材の中身とは?
2点目は、タピオカ鍋の魅力とは?

スポンサーリンク




まだまだ続くタピオカブーム

タピオカ鍋とは?具材の中身とは?

タピオカ鍋とは、その他具材と一緒にタピオカを入れ、スープは紅茶をベースとしたものです。
スープですが、キムチや味噌のような一般的な鍋のスープを使用するとタピオカの素材の味が分かりにくい為、おススメは紅茶ベースのようです。

具材は、一般的な鍋のものを使用します。
例えば、野菜、豆腐、豚バラ、白出汁、etcです。

サツマイモをタピオカ鍋に入れて食べる方も多くいらっしゃるそうです。
サツマイモを具材にするというのは、日本人が思う鍋の具材候補には入りにくいですね。

日本人が想像する鍋とは少し違うのはお分かり頂けるでしょう。
甘い鍋の為、タイのすき焼き、タイスキに感覚が似ていると感じる人が多いようです。

タピオカ鍋の魅力とは?

1点目は、味です。
薬膳鍋のようなクセのある味ではありますが、優しい出汁と紅茶がマッチして相性は良いそうです。

タピオカ自体の味としては、無しに等しいです。タピオカドリンクと同じ立ち位置ですが、タピオカは味より食感を楽しむものです。
鍋の中に入れれば、くずきりに近い感覚です。
モチモチとした食感が楽しめます。

2点目は、ワクワク感です。
今までの鍋になかった新しい具材、新しいスープを目の前にすると、「鍋と紅茶ベースのスープは果たしてマッチするのだろうか?」と言うワクワク感を感じることができるでしょう。

まとめ

タピオカのおかげで鍋に対して、新しい視点も見つかりましたね。
最近では、流行に合わせてタピオカラーメンを販売するお店も存在します。

まだ、鍋スープとしてスーパーに並んでいるわけではありませんが、もしかすると近い将来、当たり前のように「タピオカ鍋のスープ」などが陳列されているかもしれませんね。

気になった方はぜひご賞味あれ!

オススメ記事はこちら!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です