NBAの怪物と呼ばれるザイオン・ウィリアムソンとは一体どんな人物なのか?

八村塁をはじめとする日本人がNBAで活躍しており、今後も日本人の活躍が期待されています。

先日、ザイオン・ウィリアムソンという選手がプレー中に見せたダンクシュートに全世界のファンが魅了されました。
ファンからは、ザイオンのことを野獣と呼ぶ人も出てきました。

ここでは、ザイオン・ウィリアムソンに関して、2点に分けて解説していきます。

1点目は、経歴は?
2点目は、強みと弱みは?

スポンサーリンク




ギャップの大きさでファンを魅了

経歴は?

今シーズンからNBAでプレーをしたザイオンですが、昨シーズンのドラフト1位で指名され、NBAの門を叩いたのです。
怪我に苦しみ、昨シーズンはリハビリで出場機会がありませんでした。

父はアメフトでオールアメリカンに選ばれ、母は陸上の短距離選手だったそうです。

野獣ザイオンを作り上げたのは、親の遺伝も大いに関係しているでしょう。

強みと弱みは?

強みは、なんといっても、豪快なダンクシュートです。

ザイオンは、頭がリングにつくほどまでに高いジャンプをしてダンクシュートをします。
NBA選手は、身体能力が高い選手が多いという印象を持たれる方も多いとは思います。

しかし、頭がリングまで到達する選手は数えるほどしか存在しません。
ザイオンの場合、得点の半分はダンクシュートです。

また、体つきも他の選手と比較しようがないほどのレベルです。

体全体が大きな筋肉で覆われています。通常の選手であれば、筋肉が邪魔をし、スピードやジャンプ力が落ちがちです。

しかしザイオンの場合は、その体つきからは想像できないようなスーパージャンプ、俊敏さを兼ね備えています。

体つきよく、素晴らしいダンクシュートを持っている。

それだけではありません。筋肉隆々の体からは、想像できないようなしなやかなシュートタッチをしています。
スピード、パワー、どちらもトップクラスの力を備えたザイオンは、今後も活躍していくでしょう。

課題としては、シュート力です。

ザイオンの中でも苦手意識があり、ロングシュートは打たない傾向にあります。

ダンクシュートなど、リングから近い位置でのシュートは必ず警戒されますので、ロングシュートもダンクシュートのように自信を持って打つことができれば、誰も止めることができない存在になりますね。

まとめ

見た目からは想像もできないようなプレーをし、ファンを魅了するザイオン・ウィリアムソン。

ギャップの大きさに、記憶に残ること間違いなしです。
迫力のある動画を見たい方は、ぜひご覧ください。

オススメ記事はこちら!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です