iPhoneXスクリーンショットやり方を画像で!無音・設定は?

 

iPhoneが世の中に登場しその従来までの世界観を一気に変えたのは今から10年になるんですが、発売後10周年を迎えて誕生したのがアップル渾身のスマートフォンとなるiPhoneXです!

 

日本では11月3日に販売が開始され発売日には例のごとく一秒でも早く使いたい人が店頭に並ぶ光景が展開されていましたね。

 

時期的には少し前に販売になったiPhone 8/8 Plusが従来品とデザインがあまり変わらず従来品のバージョンアップの意味合いが強い中で、

iPhoneXは今後のスタンダードになっていきそうなモデルになっています。

 

そんな中で操作性もかなり変わってきているので今回はiPhoneXに関する

iPhoneXスクリーンショットやり方を画像で!無音・設定は?

についてまとめてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

iPhoneXスクリーンショットやり方を画像で紹介!

iPhoneXスクリーンショット やり方 画像

今までのiPhoneシリーズに比べて充電時間や有機ELディスプレイである「Super Ratina HDディスプレイ」を取り入れた画面のきれいさも魅力なiPhoneX。

 

ただ最大の変化といえばこちらの画像のように

iPhoneXスクリーンショット やり方 画像

ホームボタンが無くなり、その分全画面ディスプレイを採用したことです!

 

ただ従来まではリアルタイムの画面の保存をするスクリーンショット(スクショ)の方法としては

電源ボタンを押している間にホームボタンを押すという操作で両手を使う必要がありました。

 

この方法でシャッター音が鳴り、画面が点滅したら成功で画像はアルバム自動保存されています。

この方法はiPhone8以前のシリーズ以外にiPadやiPod touchでも共通になっています!

 

ただiPhoneXではこのスクリーンショットを可能にしていた肝心なホームボタンが無くなったのでやり方がわからないという人が多いので見てみると

 

下の画像の

iPhoneXスクリーンショット やり方 画像

 

電源ボタンとボリュームキー(上側)の同時押しでスクリーンショットを撮ることができます。

 

従来までの違いとしては両手を使わず片手で操作可能なので色々なシーンで便利になっていますね。

注意点としては電源ボタンとボリュームキー(下側)の同時押しではスクリーンショットを撮ることはできないので気を付けてください!

 

 

iPhoneXスクリーンショットの無音・設定は?

sponsored link

さらにもっとスクリーンショットについて知っておくとお得なこともあるので2つ紹介します。

iPhoneXスクリーンショットの無音

iPhoneでのスクリーンショットでは無音で撮影することが可能でこれは図書館などシャッター音が気になるところで行う中でかなり良い機能でした。

 

iPhoneXでもこの無音のスクリーンショットは可能でマナーモード中にはシャッター音が鳴らないのは従来どおりになり無音で画面の表示状態をスクリーンショット保存することが可能です。

 

iPhoneXスクリーンショットの設定は?

さらに仕事なので頻繁にスクリーンショットを使用する人向けには、「AssistiveTouch」機能を設定すれば便利です。

 

このAssistiveTouchは、iPhoneにはデフォルトで備わっている入力支援機能になっています。

 

指を使った操作でiPhoneの各機能にアクセスすることでスクリーンショットも楽に撮ることができます。

 

その設定としては

 

 

  1. まずはAssistiveTouchを有効化するために「設定」アプリから一般アクセシビリティAssistiveTouch→最上位のメニューをカスタマイズと進んでいきます

    iPhoneXスクリーンショット やり方 画像

  2. ボタンを数回かタップすることでアイコンが「カスタム」だけになります。
  3. カスタムをタップして数ある項目からスクリーンショットを選択して右上の完了を押します。

 

 

この設定をすることでiPhoneXの画面に仮想ボタンである(AssistiveTouch)が表示されこちらのボタンをタップしてスクリーンショットのアイコンを選択すれば撮影できます!

iPhoneXスクリーンショット やり方 画像

慣れれば楽ですがそこまでスクリーンショットを多用する人以外は設定が若干めんどうなので電源ボタンとボリュームキー(上側)の同時押しがおススメです!

 

まとめとして

スマートフォンが普及し始めた時もそうでしたがiphoneXでも次世代の携帯電話の形を引っ張っていきそうなアップル!

始めはスクリーンショットもやり方が前作までと違い違和感がありましたが慣れればかなり楽なので今後のスタンダートになってくるかもしれません。

 

関連記事はこちら↓

iphone 天気アプリ

iPhoneの天気アプリの地域削除・追加方法を画像で!

iphoneSE 色

iphoneSEの色は何種類?ストレージメモリや防水機能はある?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です