ハイブリッド・ライフって何?将来の不安を解消する為に今からできること

あなたは将来にどういった不安を抱えていますか?

ある保険会社は昨年、全国の20~69歳までの男女を対象に、将来に対する不安要因というタイトルでアンケートを実施しました。

その結果、金銭的な不安が4位、5位に上がっていることが明らかになりました。

そこで、今回は金銭面の不安についての解消法・考え方で、ハイブリッド・ライフという考え方がございます。

それに関して、2点に分けて解説していきます。

1点目は、ハイブリッド・ライフとは?
2点目は、将来の不安要因のその他は?

スポンサーリンク




将来安定した生活を送るためにできることとは

ハイブリッド・ライフとは?

ハイブリッド・ライフとは、給与以外に不労所得など収入の柱をもう1本たてておくという意味で最近はよく使われています。

ちなみに、給与収入以外で収入源が2カ所以上ある場合は、超ハイブリッド・ライフと言われています。収入は多ければ多いだけ安心ですよね。

なぜ、私たちはここまでお金に関して、不安があるのでしょうか?

1つの考え方として、2045年問題までの期限が迫ってきているからです。

2045年問題とは、AIなどの技術が、人間より賢い知能を生み出すことが可能になることが予想され、それに伴って様々な影響、問題の総称です。

その問題の1つに、人間の職を奪うということです。
カーツワイル博士によると、人間の脳は100兆個の極端に遅いシナプスしかなく、2029年には、すでにAIの思考能力が人間の脳の演算能力をはるかに超えると予測しているのです。

いつ私たちの仕事がなくなっても、おかしくない時代が近づいてきているのです。

これは非常に不安なことではないでしょうか?

こういった観点で見れば、ハイブリッド・ライフという考え方は、今すぐ取り入れるべきです。

やるべきことは、労働集約か資本集約、いずれかで収入を作るのかを考えることです。

手持ちのお金がない場合は、労働集約で収入ができる仕組みを作っていきましょう。
もちろん、プライベートな時間を削り、黙々と作業する必要はございます。

手持ちのお金がある程度ある人は、投資を行ってみましょう。
労働集約はリスクゼロですが、資本集約はリスクもございますので、事前に準備を行ってから取り組む方がよいでしょう。

将来の不安要因のその他は?

不安要因の1位は、病気。2位は、災害。3位は、事故。
このような調査結果になりました。

いずれにせよ、お金が必要になってくるのはお分かり頂けると思います。
病気になる1つの原因は、ストレスです。

ストレスが溜まる1つの要因として、お金に余裕がないため、精神的に不安定になるケースも多々ございます。

まとめ

1997年の467万円をピークとして、日本の平均年収は年々下がり続けています。
お金に困っているのは、あなただけではありません。

思い立ったらすぐ行動です。

オススメ記事はこちら!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です