2020年4月施行 同一労働・同一賃金とは?

今や意識せざるを得なくなった働き方改革と人手不足

その影響で、パートタイムや契約社員、派遣社員等、様々な雇用形態の従業員が混在している会社は少なくありません。

契約社員やパートの言い分として、仕事内容が同じであるのに、正社員と待遇が異なることに違和感を持つ人々が多いのが事実です。

ここでは、2020年4月施行の同一労働・同一賃金(パートタイム・有期雇用労働法)に関して、2点に分けて解説していきます。

1点目は、なぜ同一労働・同一賃金が導入されるのか?
2点目は、今までとどう変わるのか?

スポンサーリンク




日本の経済改革に期待!

なぜ同一労働・同一賃金が導入されるのか?

政府が働き方改革として、労働条件や雇用条件等、待遇改善などの取り組みを行っていますね。

2019年4月には、働き方改革関連法が施行されました
働き方改革関連法とは、例えば残業時間の上限が定められたり、年次有給休暇が義務付けされたりしています

この流れで、2020年4月から、正規・非正規雇用労働者の不合理な待遇差を禁止する同一労働・同一賃金が導入されることになりました。

ちなみに正式名称は、短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律といいます。

今までとどう変わるのか?

具体的なガイドラインがございます。

例えば、基本給の決め方についてはこのように定められます。

基本給が、労働者の能力又は経験に応じて支払うもの、業績又は成果に応じて支払うもの、勤続年数に応じて支払うものなど、その趣旨・性格に照らして、実態に違いがなければ同一の、違いがあれば違いに応じた支給を行わなければならない

内容をまとめると、正社員であっても、非正社員であっても、基本給を定める基準において同じ条件を満たしていれば、支給額は同一にしなければならないということです。

まとめ

同一労働・同一賃金の導入によって、パートや派遣、契約社員などで働く多くの人にとって、メリットがあるでしょう。
働く意欲が上がることが期待されます。

意欲が上がることで、スキルアップにも繋がります。

雇用側からすれば導入されることで、経費が上がってしまう会社もあります。

上がってしまうため、削減できる部分を再度検討するなどして、無駄を省いていく。
この流れができることで、さらに効率のいい仕事ができるようになり、日本の経済にいい流れができるのではないでしょうか?

オススメ記事はこちら!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です