DASH島七夕相撲の過去の城島茂の相手や勝敗は?由来やロケ地も!

Sponsored Link

 

日テレが誇る人気番組ザ!鉄腕!DASH!!今や日曜日の定番番組になり視聴率も安定しすっかりTOKIOの代表番組になってますね!

 

そんな鉄腕DASHのメイン企画といえば使えなくなったDASH村の代わりに始まったDASH島で

 

DASH島 七夕相撲

鉄腕ダッシュのDASH島の場所・地図では?所有者はTOKIO?

 

2012年にスタートし今やかなり開拓も進んでいます!

 

そこで今回はそんなDASH島

DASH島七夕相撲の過去の城島茂の相手や勝敗は?由来やロケ地も!

についてまとめてみたいと思います!

 

DASH島七夕相撲の過去の城島茂の相手や勝敗は?

DASH島の企画が始まって5年以上たち、今や豊富な農業や建築知識を会得したTOKIOの5人によってどんどん進化している鉄腕ダッシュ!

 

その中で、定期的に行われるいるのが7月7日の七夕を記念して開催される七夕相撲で

 

TOKIOには運動神経自慢のメンバーが多いんですが、毎年挑戦するのはリーダーの城島茂さん(46)!

 

2014年に開催されたんですがその対戦相手となったのが

 

こちらの長野県出身のAD北村朋広さん↓

DASH島 七夕相撲

 

身長・体重ともにいい勝負になりそうな気がしますね!

 

ちなみに相手に選んだ理由は、その場にいたスタッフで一番弱そうだったからとおいうかなり後ろ向きな理由でした・・・

 

そして、気になる勝敗は

 

一回目の取り組みで

がっちり組み合う土俵際までもつれ勝負は同体で取り直し!

 

そして、2回目の取り組みで

先に仕掛けた城島茂さんを切り返しADの勝利に終わっています!

 

他の番組ならジャニーズタレントを番組スタッフが本気で投げ飛ばすなんてことは絶対に考えられないだけにこのガチ感がDASH島といった感じでいいですね!

 

もし、城島茂さんが怪我なんかしていたらえらいことですが、かなりエンジョイしていましたしいい放送でした。

 

ちなみにこの七夕相撲は2014年に続き2015年も開催され、対戦カードは同じ

 

北村×城島茂さんで結果は画像のように

 

DASH島 七夕相撲

 

で2014年のデジャブで同体からの取り直しでADからディレクターになり成長した北村くんが勝利を収めているんです!

 

城島さんの方はかなり稽古も重ねてきたんですが、やはり年齢差もかなりあるので体力で押し切られたかっこうですね。

 

七夕相撲の由来は?

DASH島 七夕相撲

七夕といえば一年に一度7月7日に織姫と彦星が会うイベントで、世間では笹に願い事を書いた短冊を飾るイベントとして有名ですね!

 

七夕祭りなどもありますし、夏の始まりとして各地で縁日やお祭りも良く開催されるんですが

 

 

もともとは相撲も七夕の行事としてかつては日本に定着していたんです!

 

DASH島 七夕相撲

 

貴族文化が栄えた平安時代には、毎年7月に相撲節会が行われておりそれがは7月7日であったもことから七夕相撲と呼ばれていました。

 

残念ながら現代ではその習慣は残っていませんが、悠久の時を超えて鉄腕DASHの企画として復活しています!

 

2017年にも番組内で七夕相撲で放送予定なので、この際行事として復活してほしいところですね。

 

DASH島七夕相撲のロケ地も!

sponsored link

愛媛県の松山市から沖合15キロの由利島(ゆりじま)という島でロケを行っているDASH島企画!

 

当然、七夕相撲もDASH島内でロケを行われており、舟屋から近い海岸線沿いで暑い取り組みが収録されました。

DASH島 七夕相撲

最初は島の探索していく企画なのかと思いきや

 

今ではベースとな舟屋のの設備も充実してきて、井戸や水路など生活に必要な水回りはすでに完成をむかえています。

 

さらには一からトロッコの線路を敷設することや鉄を作るための反射炉建設などにも取り組んでいるので

 

将来的には七夕相撲のための土俵も作ってしまい、本格的な力士による巡業などもしてくれるなんてことも

 

TOKIOの皆さんなら冗談でなく実現していそうなので期待したいところです。

 

まとめとして

最近では熱愛報道もあったTOKIOのリーダーが挑み続けている七夕相撲!

かなり努力もしているのでそろそろ勝利してどや顔もみてみたいです。

sponsored link

 

関連記事はこちら↓

木村尚 DASH海岸

DASH海岸出演の木村尚プロフィールや画像!高校や大学は?

菱刈鉱山 鉄腕ダッシュ

菱刈鉱山が鉄腕DASHに!埋蔵量や地図だと鹿児島のどこ?見学も

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ