青春18きっぷ2016の販売日程!使い方や値段・ポスターは ?

Sponsored Link

 

一日どこまでいってもJRの普通列車なら乗り放題の青春18きっぷ!ネーミングから勘違いしている人も多いんですが年齢が18歳以下しか購入できないということはなく

 

誰でも5枚つづり11,850円で利用でき、使い方によっては東京―大阪間ぐらいなら簡単に一日で移動できるなどコスト面でも優れているので

 

今回はそんな青春18きっぷ

青春18きっぷ2016の販売日程!使い方や値段・ポスターは ?

についてまとめてみたいと思います!

 

青春18きっぷ2016の販売日程!

青春18きっぷ 2016

朝一に出発してしまえば東京から出て広島まで移動することも可能な青春18きっぷ!

 

一日に換算すると

 

11,850円を5日で割ると2,370円で移動することができ時間を度外視すれば新幹線で行くのよりかなりお得なんですが

 

残念ながら一年中販売されているわけではなく

 

2016年度は春シーズン、夏シーズン、冬シーズンと販売日程が決まっており

 

詳細はコチラ↓

・発売期間 2月20日から3月31日

・利用期間 3月1日から4月10日

 

卒業旅行のシーズンで複数人での利用もでき、期間も約40日間という設定になっています。

 

・ 発売期間 7月1日から8月31日

・ 利用期間 7月20日から9月10日

 

使用できる日程が一番長く、夏休みの人も多いので一番利用者も多く土日など時間帯とルートによっては青春18きっぷユーザーで混雑するケースもあります!

・ 発売期間 12月1日から12月31日

・ 利用期間 12月10日から2017年1月10日

 

期間が一か月しかないんですが、年末の帰省などにも利用する人もいます!

 

注意点は発売期間が年内の2016年12月31日までなので、年明けで利用予定の人は忘れずに購入してくださいね!

 

 

このように発売と利用期間に10〜20日間の誤差がある青春18きっぷ!ちなみに売り切れはないのでそこは安心してください。

 

青春18きっぷ2016の使い方や値段!

青春18きっぷ 2016

 

春夏冬のどのシーズンに購入しても値段は5日分11,850円と定額の青春18きっぷ!

 

なかなか5回分は使えないという人も数回使って金券ショップやオークションに出品なんてことも可能ですし

 

逆に割高にはなりますが、1,2回分を購入することもできるので一人旅との相性もばっちりで

 

 

気になる使い方としては

 

一日の最初の改札時に駅員さんに当日の日付のスタンプをもらいます!

 

これでやることは終りで一日中途中下車し放題なんですが

 

注意点としては一度、駅外に出る際には自動改札ではなく

 

(管理人ははじめて使う際に無理に青春18きっぷ自動改札に入れてしまった苦い思い出があります)

 

青春18きっぷ 使い方

駅員さんのいる改札口で青春18きっぷを見せるようにしてくださいね!青春18きっぷ使用期間内だと駅員さんもわかっているので

 

日付を見たり、人によっては見なかったりして(笑)通してくれます!

 

管理人の場合は見せる際に途中下車します といっていつも見せています。

 

 

そして、乗る際には再乗車しますと一声かけて見せればスムーズに使うことができますね。

 

青春18きっぷ2016のポスターは ?

sponsored link

上手く使えば普段は行かない秘境駅や途中下車することによって、非日常を味わうことのできる青春18きっぷ!

 

その駅の様子はポスターとして構内にも貼ってあり

 

2015-2016年冬のポスターはコチラ↓

 

青春18きっぷ 2016 ポスター

 

場所としては徳島県の土讃線の坪尻駅で、なんと普通電車でも通過することとある正に秘境駅で

 

周りを見ても山に覆われてますね!

 

今ではこういった、旅に出たくなるポスターやエピソードなどが入った写真集もでていて

詳細はコチラ↓


「青春18きっぷ」ポスター紀行 [ 込山富秀 ]

 

買ってしまったら旅に出たくなるのは間違いないでしょう!

 

まとめとして

1982年から発売され長い歴史ある青春18きっぷ!ルートを考えるだけでも楽しいのでぜひ皆さんもチャレンジしてみてください。

 

sponsored link

 

関連記事はコチラ↓

坪田塾 月謝

ビリギャルの坪田塾の名古屋での場所や評判!月謝や社会人も可?

ふりかけグランプリ 2015 熊本

ふりかけグランプリ2015の一位は熊本の商品!味や通販は?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ