郵便はがきの料金値上げはいつから?投函日タイミングや年賀状は?

 

 

2016年12月に発表になった郵便はがきの料金値上がり。現行は52円で送ることができるんですが62円になり、1994年から消費税が上がった時は別にしてずっと変わっておらず

 

実に23年のも長期で据え置かれていて2017年の値上がりはちょっとした歴史が変わる瞬間でもあるので

 

今回はそんな郵便はがきの料金値上げの

郵便はがきの料金値上げはいつから?投函日タイミングや年賀状は?

についてまとめてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

郵便はがきの料金値上げはいつから?

郵便はがき 料金値上げ いつから

ちょっと前までは電子メールの影響を受けていましたが今ではLINEなどいろいろな媒体も増え、少し影が薄くなってきた印象ですが

 

やはりもらった方もうれしいのは郵便はがきで管理人は手書きの暑中見舞いや家族が増えましただったりしたらやはりほっこりしてしまうんですが

 

 

現在の52円から10円アップの62円になることが決定しており!

 

それがいつからかというと

 

2017年6月1日からスタートします!

 

もっている52円はがきや切手などは10円切手を横に貼ることでそのまま使えるんですが、約20%の値上げはちょっと痛いところですね。

 

根本的に料金が変わってしまうので買い置きをしてても意味がないですし、まあ今まで料金をあげずにいてくれたので仕方ないことですねー。

 

郵便はがきの料金値上げの投函日タイミングは?

郵便はがき 料金値上げ いつから

2017年6月1日から始まるゆうびんはがきの料金値上げ!となってくるとその境目の日にち付近で出すときに迷ってしまいますよね!?

 

例えば

2017年5月30日に出して31日につく郵便はがきに関しては大丈夫ですが

 

2017年5月31日に出して6月1日着に52円で出して料金不足で戻ってきたら困ってしまうので見てみると

 

 

こちらは窓口と郵便ポストで少し変わってきて

 

窓口では当然5月31日の営業時間内であれば、52円はがきで出すことができます。

 

しかし、最近大都市を中心に増えてきている24時間営業の郵便局窓口では夜の12時を超え6月1日に入ってしまうと62円になってしまいます。(並んでいたり少しくらいの時間ならおまけしてくれるかもしれませんが・・・)

 

 

そして、郵便ポストでは

 

5月31日までにポスト投函した場合、従来通りの52円はがきで投函可能で気になる6月1日にポスト投函したケースは

 

1回目の集荷分までは52円はがきで配達可能とのことでした。

 

つまり5月31日の夜に送っていない郵便はがきに気づいたらすぐにポストに出しに行って6月1日の1回目の集荷に間に合えば52円のままで配達してもらえます。

 

 

ちなみに6月1日から52年切手やはがきで出してしまうと、料金不足で戻ってきたり配達先で受け取り先に不足分の10円を負担してもらうことになります。

 

個人ではまだうっかりで笑ってすませれますが、会社間となるとルーズな印象を持たれてしまうので絶対に避けたいところです。

 

郵便はがきの料金値上げで年賀状は?

sponsored link

郵便はがきの料金値上げでもう一つ気になるとこの一つが年末年始の風物詩である年賀状でこちらも52円で出すことができ

 

人によったら何百枚と出すので人によったら郵便はがきと同じく10円の値上げされればでも少し痛いところなんですが

 

嬉しいことに年賀状は値上げの対象外

 

理由として需要が多い年賀はがきは黒字を維持しているためで52円に据え置く

 

ということを発表しており普通ならどっちも値上げしてしまえ!となりそうですが踏みとどまってくれたことはいいですね!

 

まとめとして

23年ぶりに料金が変わる郵便はがき!変わる2017年6月1日からしばらくの間迷ってしまいそうなので皆さん注意しましょう!

 

sponsored link

 

関連記事はこちら↓

サンタクロース 手紙

サンタクロースの住所は?手紙を送るのはフィンランドかカナダがいい

LINEモバイル 女優

LINEモバイルCM出演女優は誰?使用曲や持っているスマホは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です