行列カンボジア学校のロケ撮影場所はどこ?現在の様子やオークション金額は?

日本テレビの人気バラエティ『行列のできる法律相談所』で大反響を呼んだ企画が、カンボジアに学校を建設するプロジェクトでした。

学校を建てるための資金を集めるためオークションを開催するなど、世間の注目を集めたこのプロジェクトは現地に実際に学校を建てることに成功します。

しかし、現在のカンボジアの学校の様子はほとんど伝えられることはありません。

そこで、この記事ではカンボジア学校のロケ撮影場所や現在の様子やオークションで集まった金額など気になる情報について紹介していきます。

スポンサーリンク

行列カンボジア学校のロケ撮影場所はどこ?

行列 カンボジア 学校

カンボジア学校のロケ撮影場所は、シェムリアップ州ロビアン・クロサーン村です。

そもそも『行列のできる法律相談所』でカンボジアに学校を建てる計画がスタートしたのは、島田紳助さんが司会をしていた2007年のことでした。

番組放送中に島田紳助さんが、アグネス・チャンさんの熱い思いに胸を打たれる形で、カンボジアに学校を建てるプロジェクトを提案します。

当時のカンボジアは、1970年から20年間続いた内戦の影響で、いまだに貧しい状況が続いていました。

貧困にあえぐカンボジアの子どもたちの救いの一歩として「100枚の絵でつなぐ!カンボジア学校建設プロジェクト」スタートすることになります。

番組では、オークションで資金を集め、これを使ってカンボジアに学校が建設されることになります。

最終的に、学校に行きたいと願う1人の少女・スレイナちゃんと出会い、彼女が住むシェムリアップ州ロビアン・クロサーン村に2008年に学校が建設されました。

sponsored link

行列カンボジア学校の現在の様子は?

『行列のできる法律相談所』で建てられた「サマキ・トロピアン・クロサーン小学校」は、現在も継続して存続しています。

ただし、現在は日本人の手を離れて、カンボジアの公立小学校になっているため、校名も変更されています。

行列 カンボジア 学校

放送の反響が大きかったこともあり、定期的に日本人の観光客のこの学校を訪問していて、備え付けのノートには、日本各地からやってきた日本人の名前が記されています。

学校内には、オークションに出品された絵のレプリカや、この地を訪れた小林麻央さんと子供達と触れ合う写真も思い出の品として飾られています。

sponsored link

行列カンボジア学校のオークション金額は?

学校を建てるには資金が必要で、そのため、『行列のできる法律相談所』はオークションを開催することになります。

オークションには、番組MCの島田紳助さんが、自身が子どものころの道をテーマに描いた作品を含め、有名人が描いた絵が出品されました。

オークションに出品された代表的な作品では『北斗の拳』の原哲夫さん・『ベルサイユのばら』の池田理代子さん・『あしたのジョー』のちばてつやさんの直筆のイラストがあります。

行列 カンボジア 学校

最終的に「100枚の絵でつなぐ!カンボジア学校建設プロジェクト」では、 500万円で落札される作品もあり、総額1億円以上の売り上げを記録します。

まとめとして

一部報道では、『行列のできる法律相談所』で建てたカンボジア学校は廃校になっているいう噂がありましたが、現在も学校は継続して運営されています。

サマキ・トロピアン・クロサーン小学校」の建設に続いて、2009年にはコンポントム州に「プラサット・アンテッド小学校」が建設されました。

以降も、複数の学校が建設されるなど、「100枚の絵でつなぐ!カンボジア学校建設プロジェクト」はカンボジアの学校教育向上に大きな役割をはたしました。

sponsored link

関連記事はこちら↓

FODプレミアム 登録方法

FODプレミアムの会員登録方法を画像で紹介!料金や無料お試しは?

世界の渡部ビル 場所 富士市 どこ

世界の渡部ビルの場所は富士市のどこ?いつ完成でAKBも来る?

オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です