福知山マラソン2017年参加方法や日程!倍率やコースは走りやすい?

Sponsored Link

 

上手くいけば紅葉シーズン真っただ中に開催される福知山マラソン2017!大会は1991年で2017年で27回目になる伝統ある市民レースで

 

本格的な市民マラソンシーズンの幕開けに挑む人も多く毎年応援やボランティアの人たちによる穏やかな雰囲気に包まれているので

 

今回はそんな福知山マラソン2017年

福知山マラソン2017年参加方法や日程!倍率やコースは走りやすい?

についてまとめてみたいと思います!

 

福知山マラソン2017年の日程は?

福知山マラソン2017年 日程

京都府北部に位置し、戦国武将の一人として有名な明智光秀がおさめていた土地としても有名な福知山市!

 

スタート地点とゴール地点が同じ場所でわかりやすく風光明媚な風景を見ながら走れると人気が高く

 

一方で関西では同時期周辺に開催される大阪マラソンや神戸マラソンや奈良マラソンの倍率が毎年高いために落選したランナーの

 

代替えレースとして選択されることも多いんです!

 

そして、気になるのは2017年の日程なんですが

 

2017年11月23日(木・祝日)の勤労感謝の日

 

に開催されマラソンは土日のレースが多いだけに休みが合わない人にも貴重な大会ですね!

 

福知山マラソン2017年参加方法や倍率は?

福知山マラソン2017年 日程

日本で一番人気の東京マラソンだと倍率10倍以上と10人に一人しか走れない狭き門なんですが

 

福知山マラソン2017の場合は

 

フルマラソンの定員は10,000人に設定されており地元選手優先のためエントリーが分かれており

 

地元エントリー(福知山市民枠):2017年6月19日(月)~ 6月25日(火)の一週間の先行エントリー

 

一般エントリー:2017年6月26日(月)~ 8月27日(火)

 

 

となり、他には 専用振替用紙や福知山スポーツショップ各店でも参加申し込み可能なんですが

 

インターネットを使いランナーご用達のRUNNETで申し込むのが一番確実で手間いらずでしょう!

 

RUNNETへのリンクはこちらより

 

ちなみに気になる倍率は

 

先着順でエントリーとなるので開始日付近で申し込めばまず大丈夫なんですが、2016年の場合は8月の締め切り前に定員に達してしまっていたので

 

忘れないうちに参加決定をしておくのをオススメします!

 

福知山マラソン2017年のコースは走りやすい?

sponsored link

コース内に見た目もきれいな新音無瀬橋や由良川、福知山城などを通過していく福知山マラソン!

 

管理人も4時間台ランナーとはいえやはりコースの難易度や走りやすさが気になるところなので見てみると

 

高低差が大会HPにあるように

福知山マラソン2017年 日程

HPより引用

 

約60mとなっており、比較として関西でも難コースといわれる奈良マラソンの高低差が約90mといわれ常にアップダウンを繰り返す事を考えたら

 

コースは走りやすいといえるでしょう!

 

ちなみに大会記録は最強の市民ランナーの川内優輝選手の2:12:59で

 

福知山マラソン2017年 日程

 

彼の自己ベストが

 

2:08:14でマラソンは寒い時期の方が一般的に記録が出やすいとされているので11月開催の福知山マラソンでの好記録はタイムも出やすいといえるでしょう。

 

実際完走した人の感想を聞いてみても

 

スタートとゴール地点の大きな起伏を除けばほとんど平坦で非常に快適なコースとのことでした!

 

ちなみにこの最後の坂はもう多くのランナーがヘロヘロで歩いてゴールしそうなものなんですが

 

こちらの画像のように

福知山マラソン2017年 日程

今年も走る、応援KIDSランナーという支えがあり

 

ゴールまで数百メートル、最後の厳しい坂を子どもたちが伴走します。

 

ということなので大人として最後を情けない姿を見せるわけにはいかず走りきるしかないですね!

 

まとめとして

自身の記録を先導してくれるペースランナーも一部配置してくれていて、のどかな雰囲気ながらタイムも期待でいる福知山マラソン2017!

 

制限時間も6時間と厳しくないので初マラソン挑戦の舞台としてもぴったりです。

 

sponsored link

 

関連記事はこちら↓

赤坂5丁目マラソン 距離

赤坂5丁目マラソンの距離やコース画像!心臓破りの坂や歴代優勝者は

間寛平 マラソン

間寛平のアースマラソンでのコース画像や距離!最高記録や淀川では

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ