白菜価格高騰の理由や2018いつまで続く?スーパーで値段推移は?

 

冷えた身体をぽかぽかと暖めてくれるお鍋やスープ、寒い時期に欠かせない定番メニューですよね。

 

お鍋やスープに白菜を入れて食べる方は多いかと思いますが、2018年1月現在白菜の価格が高騰しています。

 

よく使う野菜の価格が高いと家計にも影響が出てきてしまうので買う時に気になってしまいますよね。

 

今回は白菜の価格が高騰している理由や価格高騰が2018年のいつまで続くのか、スーパーでの値段推移も合わせて調べてみました!

 

スポンサーリンク

2018年白菜価格高騰の理由は?

2018年 白菜 価格高騰

冬の時期にマストな白菜が価格高騰していますが、農林水産省によると2017年秋の長雨2つの台風が原因と言われています。

 

白菜の生育時期だった昨秋、茨城県をはじめとする東日本の主な産地を長期間の雨や台風が直撃してしまったため生産量が大幅に減っています。

 

2017年10月は台風21号と台風22号が本州に上陸した影響で日本全体は長期間雨が降り続け、日照時間が短くなってしまいました。

 

台風によって局地的豪雨が起こると畑が冠水することもあり、生育中の野菜が甚大な被害を受けてしまうため結果的に出荷量も減ってしまったようです。

 

また2018年のお正月が例年よりも寒かったため、身体を暖めるために鍋を食べたいという人が多く、白菜の需要に供給が追い付いていないのも価格高騰の原因と言われています。

 

白菜価格高騰は2018年いつまで続く?

2018年 白菜 価格高騰

価格高騰が続いている白菜ですが、市場関係者によるとこの高値は2018年3月まで続くとみられています。

 

昨秋の悪天候の影響で市場への出荷量自体も少ない中、例年よりも寒い日が続いていることで鍋料理を作る家庭が増えており白菜への需要が高まっているようです。

 

昨秋以降に生育したものが育てば市場への供給も安定するのですが、白菜に関しては元々の出荷量が例年より少ないため、2018年3月頃にならないと出荷量が安定しないと言われています。

 

これからの季節、お鍋やスープが一番おいしい時期を迎えますがまだしばらくは価格高騰が続いてしまうので家計のやりくりを工夫して白菜を購入していく必要がありますね。

 

白菜のスーパーでの値段推移は?

sponsored link

2018年1月現在、価格が高騰している白菜ですが、これまではどのくらいの価格相場で販売されていたのでしょうか。

 

調べてみたところ、例年は1玉200~300円前後で販売されていたようです。

 

2017年12月頃から野菜全般の価格が高騰していますが、白菜に関しては2018年に入ってから特に高騰してしまい2018年1月の時点で1玉600円~800円ほどで販売されるようになりました。

2018年 白菜 価格高騰

カット売りをしているスーパーだと例年では白菜4分の1カット分が100円以下で販売されていることが多かったのですが、2018年1月の時点で198円と、2倍以上価格が高騰しているようです。

 

まとめとして

都内の八百屋では例年だと1玉300円前後で販売されている白菜が、2018年1月現在では1玉600円台と2倍以上値上がりしています。

 

国内産の白菜だけでなく中国産の白菜も取り扱う店もでてきており、1玉350円前後と国内産よりも安く購入できるようになっています。

 

中国産の白菜は主に白菜を大量に使用する飲食店などで需要が増えていますが、今後一般家庭向けにも取り扱う店舗が増える可能性があります。

 

2018年1月現在、まだまだ価格高騰が続く白菜ですが外国産のものを使うなどうまくやりくりして乗り切っていきましょう!

sponsored link

関連記事はこちら↓

レタス価格 2018年

レタス価格が2018年高い理由やいつまで?例年スーパーでの相場も

au CM 赤鬼 誰

auCMの赤鬼役の子役は誰!代表作画像や兄弟は何人・名前は?

オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です