江戸前アユがDASH海岸に!多摩川での生息や伝統漁法・食べれる?

Sponsored Link

 

かつてはよく見られたが川の汚染とともに姿を消していった多摩川江戸前アユ

江戸前アユといえば、江戸時代に徳川家の歴代将軍への献上品としてもその名をとどろかせましたが

 

やはりきれいな川にしか生息したいという特性で住み着かなくなっていましたが日曜7時放送のDASH海岸でも放送されたように徐々にその数を増やしているので

今回はそんな

江戸前アユがDASH海岸に!多摩川での生息や伝統漁法・食べれる?

について注目してみようを思います!

 

江戸前アユがDASH海岸に!多摩川での生息は?

江戸前アユ DASH

最近では農業や島開拓に教育番組のようになってきている鉄腕DASH!2015年9月12日の放送ではDASH海岸の企画で江戸前アユが取り上げられ

 

TOKIOの城島茂さんと山口達也さんが江戸前アユ探しに挑んでいます!以前からこの番組は多摩川とはでよくロケしていて

多摩川の水質調査などをしており芸能人で一番多摩川に詳しいことでしょう!

 

江戸前アユは産卵などの理由で遡上してくる習性があるため大きいサイズは多摩川の上流に集まってきます!

江戸前アユ DASH

以前は10個を超える堰(せき)がありアユにとって過酷な環境でしたが現在は

中流で滞留していたアユをトラックで“遡上”させ、上流に約3万匹を放流した。

 

という遡上をを助ける取り組みも行われており生息の安定化や数の増加にアイデアが使われているんですね!

 

江戸前アユの伝統漁法って?

江戸前アユ 伝統漁法

古くからいる魚だけありアユをとる伝統的な漁法はたくさんあるんですが

その一つは鵜飼い

現在電も岐阜県の関市を流れる、長良川で頻繁に行われています。

当然船は人力でライトも使わず鵜匠の下で練習を済んだに鵜が潜っていってアユを捕まえる漁法ですね!

そのままだと普通に食べてしまうので首には、緩く縄が巻かれており捕まえた鮎を飲み込めない仕組みになっています!

 

そしてもう一つが投網

投網の仕組みは、先端に重りの付いた網を、アユのいそうなポイントに投げて、アユを網の中に閉じ込め、重りによって川底に沈んだ網を引っ張る事で、徐々に網を窄めていき、中の魚を閉じ込めるというもの。

江戸前アユ 伝統業法

で以前の鉄腕DASHの放送でもTOKIOのメンバーが多摩川で行ってましたね!

 

他にもアユの縄張り意識の習性の強さを利用したアユの友釣りなどもあり古くからの伝統漁法も多い魚なんですね!

 

多摩川の江戸前アユは食べれる?

sponsored link

以前は多摩川が汚れすぎていたため味も悪く食べれるものではなかった江戸前アユ!

しかし、水質の改善とともに味もよくなってきていまではすっかり庶民の魚として塩焼きにすると絶品です!
もう少し数も増えてくれば手に入りやすくもなってくるでしょう。

 

まとめとして

一時はいなくなってしまった江戸前アユなんですが無事復活を遂げその姿を多摩川で見ることができます、アユをいえば初夏から秋にかけてがシーズンですし今が食べごろです!

 

sponsored link

 

関連記事はコチラ↓

鉄腕DASH ニラ

鉄腕DASHで紹介!高知県香南市・ニラの甘さの秘密や料理法は?

なんでんかんでん 店舗

なんでんかんでんは現在全国に何店舗?川原社長の現在や意味は?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ