東京五輪の予想注目選手!日本人バスケ界初1億円プレーヤー富樫!

千葉ジェッツふなばしに所属している富樫勇樹選手は、日本人バスケ界では初となる、年俸1億円を記録しました。
168cmと小柄でありながら、コート上ではポイントガードとして司令塔の役割を果たし、堂々とした構えっぷりでオーラを感じます。

日本のBリーグとはいえ、どのチームのスタメンも2人は外国人選手です。
そのような能力の高い長身の外国人選手をも翻弄する彼ですが、彼は若いころから、周りの選手とは一味違った道に進み、そして一味違う技術を身につけました。

今回は、そんな富樫選手について大きく分けて2点解説していきます。

スポンサーリンク




富樫勇樹選手の生い立ち

中学卒業後、日本の名門高校で経験を積み、海外へ挑戦する選手が多い中で、彼は高校時代を海外で過ごすことにしました。
それはいったいなぜでしょうか?
そして、高校時代から海外で鍛え上げられた彼の良さとはどのようなところにあるのでしょうか?

中学卒業後に海外へ渡った理由とは?

彼は本丸中学で監督である父と一緒に全国優勝を成し遂げ、その後アメリカのバスケ名門校 モントロス高校に進学しました。
高校卒業後にアメリカに渡っても良さそうですが、なぜ彼はこのタイミングでアメリカへ渡ったのでしょう。

理由は、モントロス高校の名将ストウ ベター監督です。
ベター監督は、かの有名なNBAのケビンデュラントも育てた腕のある名監督なのです。

ベター監督には「プロというのはバスケットがうまいだけではだめだ」という教えがあり、私生活の部分も教え、人生の生き方も明確にさせるという指導をされます。

例えば、滋賀レイクスターズに所属している伊藤選手も以前お世話になりました。
彼は、食事の際のマナー(どのフォークから使うのか)も細かく教わったそうです。

バスケット指導者としても、評価が高く、練習の始まりに必ずその日のメニュー目標を定めます。計画的であり、インテリジェンスな彼の教えに憧れる少年も多いのです。
富樫選手はフィジカルという部分の課題も浮き彫りになり、3年間鍛え、全米2位の成績をおさめました。

高校時代から海外で鍛え上げられた彼の良さとは?

身体能力は非常に高く、Bリーグで一番スピードのある選手と呼んでも過言ではないでしょう。
バスケットボールスキルは全て揃っておりますが、3つに分けて解説します。

1つ目はディフェンススキルです。反射神経が非常に優れており、オフェンスが攻める方向へ動き、ミスを誘います。専門的には「コースに入る」という呼び方をしますが、コースに入った後、相手のボールをカットするセンスはピカイチです。ボールをカットしようとすると、オフェンス選手に接触しファールになるケースが多いですが、彼は接触しないように処理します。

2つ目はドリブルスキルです。振り幅の広いクロスオーバーからのドライブは、誰も読むことはできません。体が大きいほうではない中で、ドリブルを用いながら、左右にディフェンスマンを振り、フェイクをかけ、ディフェンダーが予想した逆の方向にドライブします。

3点目はシュートスキルです。ゴール近くでのシュートセンスは素晴らしいものがあります。彼がドライブし、リング近くでシュートを打とうとすると、長身の外国人がブロックを狙います。彼はそれを読み、敢えて普段より高い放物線を描き、シュートをします。専門的には、ループシュートと呼びます。非常にレベルが高い技であり、彼はこのシュートを高確率で決めます。

2019年8月31日からは、中国でFIBAワールドカップが開催されます。FIBAワールドカップに向けて、8月12日から日本代表は強化試合を実施します。
サマーリーグに活躍していた渡邊選手、八村選手、馬場選手、比江島選手は間違えなく代表に選出されるでしょうし、富樫選手も選出されるでしょう。彼は司令塔として、自ら得点を決めながら、本場を経験したフォワード陣をどのように活かすのでしょうか?

富樫選手、注目していきましょう!

オススメ記事はこちら!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です