東京五輪の予想注目選手!日本人バスケ界の身体能力NO.1馬場!

先日、NBAの登竜門と呼ばれるサマーリーグが開催されました。
NBAの若手やNBAの下位リーグに所属する選手が試合します。
そこで2019年度初出場を果たし、NBAへの道が一歩開けたアルバルク東京に所属する馬場雄大選手をピックアップしたいと思います。

スポンサーリンク




自分に自信を持ってプレーする馬場

馬場はダラス・マーベリックスの一員として試合に出場しました。
それぞれの試合で得点、リバウンド、スティールと安定した成績を残したのです。
彼の得意プレーでもあるダブルクラッチや豪快なダンクシュートも、サマーリーグという大舞台で披露しました。彼は自分に自信を持ってプレーしており、試合後には「少ないチャンスを活かすことでNBAに近づくことはできる」と言っています。

今回は、「彼の辿った道のりはいかなるものであったか?」
「サマーリーグの大舞台で、自信をもってプレーできた理由は何か?」
「現在所属のアルバルク東京、一時的に所属したマーベリックス、日本代表のプレーヤーとしてどういった役割を果たしてきたのか?」
この3点に注目していきたいと思います。

彼の辿った道のりはいかなるものであったか?

馬場は富山市立奥田中学校で坂本穣治コーチの指導を受け育ちました。奥田中学は、NBAの八村の母校でもあります。
監督曰く、馬場選手はおちゃらけタイプだったと言います。
彼に最も注目が集まった時期は、筑波大学での活躍でした。現在、プロでも活躍する渋谷サンロッカーズの杉浦、京都ハンナリーズの玉木、筑波大学で2019年度チームを牽引する福大大濠出身の増田等、豪華なメンバーとインカレを幾度となく制覇しました。
このころから、馬場は豪快なダンクで会場を沸かせておりました。

2019年度に入学した新入部員の中に、福大大濠で活躍していた浅井がいました。
彼は馬場と、身長や体格差が似ており、憧れの馬場を目指し入部したそうです。
つまり、筑波大が強い!というイメージを作ったのは馬場といっても過言ではありませんね。

サマーリーグの大舞台で自信をもってプレーできた理由は何か?

この話題ですが、それは彼の身体能力の高さに尽きます。
彼はジャンプ力が魅力的であり、Bリーグの選手たちが「一番身体能力の高い選手は馬場だ」と言っております。
アルバルク東京で一緒にプレーする田中大貴は、彼のジャンプ力について解説しており、「高くジャンプすることは誰でもできますが、彼はトップスピードの状態から高くジャンプし、豪快にダンクを叩き込むことができる」と言っております。
まさに誰もが認める日本人離れした能力です。
彼のこの能力があるからこそ、身体能力の高い選手に紛れても、彼の存在感強く、また本人の自信にもつながっているのです。

各チームでどういった役割を果たしてきたのか?

彼の一番の得意プレーは、ディフェンスを粘り、スティールからのダンクシュートです。
ディフェンスやスティール、リバウンド等得点に絡まない部分でも目立つ彼は、コートに入ればチームに勢いを与える存在であります。
得点力だけではない、そういった部分が高く評価されています。
加えて、サマーリーグの現地コーチからも、その点を評価されております。

2019年8月31日からは、中国でFIBAワールドカップが開催されます。FIBAワールドカップに向けて、8月12日から日本代表は強化試合を実施します。
NBA組である渡邊八村も参戦することが決まっております。
彼らは積極的に攻撃を仕掛けるでしょう。
そんな時も、馬場は得点以外にディフェンスやスティールで彼らをバックアップする力があるのです。

身体能力を活かし、走攻守揃った馬場に目が離せませんね!

オススメ記事はこちら!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です