日本VSアメリカ!バスケットボール大国アメリカとの対戦!ピリオドごとに徹底解説!

2019年9月5日、21時から『FIBAバスケットボールワールドカップ2019』の予選リーグ、日本VSアメリカの試合が放送されました。

バスケットボール選手からすれば、夢の瞬間をリアルタイムで観ることができ、嬉しい気持ちでしょう。また、バスケを知らない人にも、知って興味を持って頂くきっかけを与えてくれました。

スポンサーリンク




日本VSアメリカ!ピリオドごとに徹底解説!

アメリカは、バスケ大国と呼ばれ、代表メンバーは全てNBA選手が名を連ねております。昔は、NBA選手は雲の上の存在、アメリカ代表と対戦する日は来ないだろうと言われておりましたが、ついにそれが現実となったわけです。

日本代表メンバーは、新たな歴史を自分たちが作るとコメントを残したうえ、今回の対戦がゴールではなく、歴史を作るスタートラインに立てたと言っておりました。
現在、渡邊雄太と八村塁という2名のNBA選手を、日本から送り出しております。彼らが戦っているレベルとはいかなるものなのか?

ここでは、ピリオドごとのポイントを徹底解説したいと思います。

1ピリオド

日本は、序盤、アメリカの迫力を負けて、オフェンスでは消極的なプレーからミスを連発し、その焦りがディフェンスでも出てきてしまい、ノーマークの3ポイントシュートを幾度となく、決められます。

そこで、ディフェンスをゾーンディフェンスに切り替え、アメリカのペースを乱しました。アメリカは、マンツーマンディフェンスで守ることが多い為、ゾーンディフェンスの攻め方に慣れておりません。
徐々にではございますが、日本が息を吹き返します。

日本で、ポイントなった選手は、途中からコートに入った田中大貴と安藤誓哉でした。
田中は、いつも通り冷静にプレーしており、コート上でチームの雰囲気を落ち着かせました。また、安藤は粘りのディフェンスを見せ、彼がコートに入ってからはアメリカのイージーシュートの数は減りました。

2ピリオド

このピリオドの終盤までは、アメリカが華麗なダンクシュートやシュート精度の高さを見せ、試合を引っ張っておりました。

途中から、日本代表の雰囲気だけでなく、会場の雰囲気を変えた日本選手がいます。

NBAサマーリーグを経験し、一皮むけた馬場雄大と比江島誠です。

消極的な姿勢が目立っていた比江島でしたが、ドライブから粘り強くシュートを沈め、アグレッシブさを見せました。

そこで、刺激を受け、大爆発をしたのが、馬場雄大です。
彼は、スティールからダンクシュートを狙おうと試みました。ダブルクラッチで相手を交わすも、シュートは外れました。しかし、そのプレー後、馬場は速攻で自ら、レイアップシュートに持ち込むプレーを何度も披露し、会場を沸かせました。

馬場は、身体能力を発揮したランニングプレーが持ち味であり、彼の良さを存分に見ることができたピリオドです。

3ピリオド

ここまで、仕事をさせてもらえなかった八村塁ですが、このピリオドでその怒りをぶつけるような激しいダンクシュートを見せ、会場を沸かせました。

このダンクシュートを、ブロックしようとしたのは、昨年度のNBAブロック数でトップレベルの実績を残したターナーでした。この上から、ダンクシュートを叩きつけた八村の能力の高さは本物です。

このダンクから、落ち着きを取り戻した八村は余裕のある1on1を見せるなど、アメリカでバスケを修行した経験をアピールしました。しかし、徹底マークを受けていた彼は、ボールをもらうまでの動きが今後カギになってくるでしょう。

4ピリオド

このピリオドでも、馬場の活躍は目立ちました。

スピードを活かしたプレーで得点を量産し、最後にはスティールからダンクシュートという彼の十八番も、世界にアピールすることができました。

まとめ

最終スコアは98対45で負けてしまった日本ですが、4ピリオドを見ると、14対14とタイスコアでした。

最後のコメントでそれぞれの意思を語りました。

八村は、自らのプレーに納得いかない表情を見せ、コメントに応じました。
渡邊は、自分の中でNBAに対して通用するプレーは何かを改めて、確認できたというニュアンスを残しました。

18得点の活躍を見せ、個の力を存分に発揮できた馬場は、将来がかかった大事な試合であり、自らの目標はNBAでプレーすることだとコメントを残しました。

NBAサマーリーグの経験が、今日の落ち着いたプレーにつながったのではないかという記者に対し、彼は個ではなくチームとして積極的に取り組んだ結果が、自分のプレーにつながったとコメントを残しました。

馬場の謙虚さとNBAへの夢を受け取ることができたコメントでした。

新たな歴史のスタート地点に立ったばかりの日本代表。

歴史史上、最強メンバーの戦いにこれからも目が離せませんね!

オススメ記事はこちら!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です