新成人式(2018)は何年生まれ?人数や日にちはいつ?

 

お正月が過ぎて最初に訪れる祝日・成人の日、正月疲れが残る多くのビジネスマンにとってはうれしい休日でしょう。

 

新成人は大人の仲間入りをする一生に一度の晴れ舞台、旧友との再会にワクワクしている方もいるのではないでしょうか。

 

毎年多くの芸能人が振袖姿を披露して華やかなニュースを届けてくれる成人の日、みなさんは今年の日程について把握していますか?

 

ここでは、2018年の新成人の対象者や人数、成人の日などについて調べたので確認してみてください。

 

スポンサーリンク

新成人式(2018)は何年生まれ?

新成人式 2018 何年生まれ

20歳になる年度の1月に行われる成人式、学年ごとで区切られるので早生まれの方も対象となります。

 

つまり2018年(平成30年)に成人式を迎えるのは、1997年4月2日~1998年4月1日に生まれた方です。

 

有名人では、女優の杉咲花さんやフィギュアスケートの宮原知子選手、宇野昌磨選手などがこの世代に当てはまります。

新成人式 2018 何年生まれ

サッカー日本代表が初めてW杯出場を決めたイラン戦も1997年の印象的なできごとでしたよね。

 

消費税が5%に引き上げられたのもこの年の4月でしたが、新成人にとっては教科書に載っている歴史という感覚でしょうか。

新成人のみなさんには、思い出話に花を咲かせて楽しく過ごしてほしいと思いますが、ニュースに出るような迷惑な式にならないようにしてくださいね!

新成人(2018)の人数は?

新成人式 2018 何年生まれ

総務省統計局によると2018年1月1日の時点で、新成人の人数は約123万人、昨年と変わらない結果となっているようです!

 

これは、総人口約1億2,670万人(2017年12月1日現在)における割合は1%程度となります。

 

男性63万人・女性60万人という比率で男女比に大きな開きはありませんが、2010年代以降人口は大幅な推移は見られません。

 

第一次ベビーブーム世代が成人になった1970年代がピークで、第二次ベビーブーム世代が成人になった1995年頃が次に多く、それ以降は減少傾向が続いています。

 

少子化は大きな問題として話題になってきましたが、こういった機会に改めて調べてみると実感できますよね。

 

ちなみに2017年の出生数は約94万1,000人で、昨年に続き100万人を下回り今後も人口のバランスは崩れていくことが予想されます。

 

新成人式(2018)の日にちはいつ?

sponsored link

2018年の成人の日は第二月曜日の1月8日となり、多くの自治体では成人式が行われます。

 

成人式は成人の日に行わなければいけないというルールはありませんので、なかには1日早く行われたり春に開催されたりする地域もありますよね。

 

1999年までは曜日に関係なく1月15日が成人の日でしたが、2000年以降は1月の第二月曜日に変更され誰もが参加しやすい日程になりました。

 

いわゆるハッピーマンデー制度のおかげで、新成人以外の方も連休となるのでありがたい変更だったことでしょう。

 

雪が降ることも少なくない成人の日、振袖姿や髪型が崩れないためにもすっきり晴れた1日になるといいですね。

 

まとめとして

2018年の成人の日は第二月曜日の1月8日(月)、約123万人が新成人を迎えることになります。

 

毎年、新成人となった芸能人がテレビのニュースで流れますが、今年も神田明神で行われるAKBグループ成人式がやはり話題となっています。

 

新成人の人口は減少しているようですが、いずれにしても全ての新成人がそれぞれの分野で活躍して日本を盛り上げていってほしいですね!

sponsored link

関連記事はこちら↓

成人式 2017 いつ

成人式2018年に新成人になる芸能人は誰?AKBグループでは?

成人式 日程

2016年成人式の日程や生まれ年!新成人の芸能人・AKB画像

オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です