平成はいつまで続く?次の元号予想や終わる日は3月31日?

平成が終わって新元号に変更されるという話題は昨年からメディアでも取り上げられていますが、正確にいつから変わるのかお分かりでしょうか?

明治以降は一天皇につきひとつの元号がつけられてきましたが、天皇の生前退位によるものは今回が初めてのことなので注目が大きいんですよね。

新しい元号も気になるところですがみなさんも予想してみてはいかがでしょうか、当たったら自慢できるかもしれませんよ。

ここでは平成はいつまで続くのか、次の元号予想や終わる日は3月31日なのか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

平成はいつまで続く?

平成はいつまで続く

まずは平成がいつまで続くのか気になるところですが、新元号は2019年の5月1日からスタートすることが2017年12月の皇室会議にて決定しています。

つまり平成は2019年4月30日までとなり、平成30年で終わりではなく31年も4ヶ月続くことになるのです。

カレンダーや様々なコンピューターシステム関連のことを考えると、区切りのいい大晦日までにした方がいい気もするんですけどね。

ゴールデンウィーク真っ只中での変更ということもあって、休日がどうなるかも含めてみなさんの注目も高くなることが予想されます。

ちなみに現在の天皇誕生日である12月23日が祝日から平日に変わることが濃厚で、新天皇誕生日2月23日は2020年から祝日になるとのことです。

明治天皇誕生日は文化の日(11月3日) 、昭和天皇の誕生日は昭和の日(4月29日)として残っているので平成の日にも期待したいですね。

sponsored link

次の元号予想!

平成はいつまで続く

新元号は有識者たちによっていくつか候補が挙げられ、最終的には2019年の2月に正式決定する予定です。

元号になる言葉は何でもいいというわけではなく、決めるにあたってルールが決められていることをご存じですか?

  • 漢字2文字
  • 読みやすく書きやすい
  • 過去に使用されていない
  • 国民の理想にふさわしい
  • 俗用されていない
  • 1文字15画までの漢字の使用
  • 明治(M)・大正(T)・昭和(S)・平成(H)以外の頭文字

今までは中国の論語や漢書なんかを参考にしていることが多く、明治・大正は易経から、昭和や平成は書経から取られています。

かつてネットでは「安」を使った予想が多く、未来人を名乗る人が「安始」という元号を載せ話題を呼んでいました。

最近では竹田恒泰さんが以下の11候補を提示していたので参考までに見ていきましょう。

・安延(あんえん)・安化(あんか)・安長(あんちょう)・永光(えいこう)

・永明(えいめい)・建安(けんあん)・建和(けんわ)・弘栄(こうえい)

・弘徳(こうとく)・文弘(ぶんこう)・文承(ぶんしょう)

いずれも違和感なく納得できそうですが、誰かが公表した予想はまず選ばれることはないと思いますのであくまで参考までに。

なんとなく頭文字は他と見た目がかぶりにくいOのような気がしますが、予想としてはKで「光来(こうらい)」なんてどうでしょうか。

言いやすいし書きやすく、光り輝く未来ということでポジティブな印象じゃないですか?

ワイドショーやバラエティでは元号をみんなでわいわい考える番組が増えることが想像できますし、みなさんも予想してみてはいかがでしょうか。

sponsored link

平成が終わる日は3月31日?

先ほどとも重複してしまいますが、平成が終わるのは2019年4月30日となります。

年度が終わる3月31日で切り替えをすれば、表記変更に関わる仕事の方はどれだけ楽だったことでしょうか。

しかし、発表が2月で開始が5月となればカレンダーや印刷物は急いで作業しなくては間に合わないかもしれません。

あえて新元号のことは気にせずに西暦だけで済ませてしまえば簡単ですが、そうはいかないのでしょうかね。

また、運転免許証も平成として有効期限が書かれているので、平成32年や33年までと書かれる場合が多くなるでしょう。

この場合はあまり問題なく再発行なんかはせずに済みそうですが、そもそもなんで4月30日なんでしょうか?

候補として3月31日までという案もあったのですが、どうやら統一地方選挙が2019年4月にあるため時期をずらしたということのようです。

ずれたことで大変になってしまった方も多いかと思いますが、政府的には慌ただしい中で始めるよりはいいですからね。

まとめとして

平成が終わる2019年4月30日まで1年を切り、そろそろテレビやネットでも多く取り上げられることでしょう。

昭和を生きてきた方にとっては2度目の改元となりますので、感慨深い思いと共に平成も30年経つのかと驚いてしまいますよね。

東京オリンピックが開催される新元号2年(2020年)にもなれば、みなさん慣れてきて気にせずに新元号を使っているのでしょうか、楽しみですね。

sponsored link

オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です