奥村善久の経歴や工学界のノーベル賞受賞!奥村カーブって何?

Sponsored Link

 

1月13日放送の1億人の大質問!?笑ってコラえて!新春3時間SPに登場する携帯電話の父として知られている現在、金沢工業大学名誉教授の奥村善久(おくむらよしひさ)さん。

 

今は誰もが手放せなくなってしまったスマートフォンも奥村さんの研究なしにここまで進化していなかった可能性もあり番組内でもその理論を語ってくれていたので

 

今回はそんな奥村善久さんの

奥村善久の経歴や工学界のノーベル賞受賞!奥村カーブって何?

についてまとめてみたいと思います!

 

奥村善久さんの経歴は?

奥村善久 経歴

 

日本が誇る工学者であり、電波に関するスペシャリストの奥村善久さん。

 

そんな彼の経歴を見てみると

 

21歳の時に今の金沢大学理工研究域にあたる金沢工業専門学校を卒業しているんですが

 

もともと工学に強い興味があったわけではなく、お父さんが

 

これからの時代は工学が必要になる!

 

と勧めたのがきっかけでもしこの時に普通科に進学していたら現在の携帯はどうなっていたのかなと考えるとちょっと不安にもなるのですが

 

かなり先を見通せるお父さんで先見の明に長けていますね!

 

卒業後は通商産業省勤務を経て日本電信電話公社で勤務したり、

東芝の日野工場で新移動体通信システム・機器の開発に従事したりなどしており

 

その素晴らしい功績で

1979年には出身でもある石川県金沢市の

金沢工業大学の工学部教授に就任され現在では名誉教授の職についています。

 

奥村善久さんが工学界のノーベル賞受賞!

奥村善久 ノーベル

 

笑ってこらえて内でも紹介されていたんですが

工学界のノーベル賞であるチャールズ・スターク・ドレイパー賞を2013年には日本人で初めて受賞するといった快挙を達成している奥村善久さん!

 

こちらのチャールズ・スターク・ドレイパー賞というのは

 

アメリカの全米技術アカデミーNAE〔United States National Academy of Engineering〕が年に一回実用的な技術の進歩に貢献した研究者に選出し贈る賞で

 

奥村善久さんは

携帯通信の基となるネットワーク・システムを構築したことが選考の理由となっており

 

まぎれもない全世界的な実績を作り、工学の世界で一番権威が高い賞を日本人で一番最初にとったパイオニアでしょう。

 

 

ちなみに現在では奥村さん以外にも4名の日本人がチャールズ・スターク・ドレイパー賞に輝いており技術大国日本を世界に向けアピールしています!

 

奥村カーブって何?

sponsored link

そんな奥村善久さんがまだ教授になる前の40代で発表したのが「奥村カーブ」で、1967年に唱えたんですが今でも注目される理論で

奥村善久 奥村カーブ

こちらは電波の伝わる環境を独自の経験から分類した経験則で

 

簡単に言ってしまえば

 

携帯電話の電波の強度が電波を発信する「基地局」から遠ければ遠いほど電波は弱くなり

 

基地局が少ない田舎などでは最悪圏外になってしまいますが

 

この距離に応じて弱くなっている電波をまとめたものが奥村カーブなんです!

 

奥村善久 奥村カーブ

 

確かに画像を見ても距離が短ければ電波が強いのが一目瞭然です!もちろん、例えば高層ビルや森など遮蔽物があるなど複雑な場合分けがあるので

 

距離に正比例するわけではないんですが、それを自らの経験や分析でまとめたものが何十年も経った今でも使われているのは驚きです!

 

まとめとして

携帯電話の父として、技術の発展に大きな貢献をした奥村善久さん!今は89歳なんですが末長く健康でいてほしいものですね。

 

sponsored link

 

関連記事はコチラ↓

人間万華鏡 ZIP

人間万華鏡の美しすぎる動画!ZIP画像や撮影のやり方は?

台湾 新幹線台湾の新幹線路線や画像!料金は?お土産にはパイナップルケーキ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ