大阪メトロに名前の変更はいつから?ロゴの意味や新駅・サービスは?

 

これまで大阪市が運営していた大阪市営地下鉄ですが、民営化に伴い大阪市高速電気軌道株式会社が運営することになります。

 

長年大阪の大動脈である御堂筋線を通勤で使っていた人や

中央線で海遊館や天保山を小さい時に遠足で訪れた人も多くちょっと名前が変わるのは寂しいものがありますね。

 

2018年1月25日のプレスリリースで大阪市高速電気軌道株式会社の愛称が大阪メトロ(Osaka Metro)に決定し、新たなロゴも公開されました。

 

民営化に伴い、これまで利用していた駅やサービスに変化があるのか、気になる方は多いのではないでしょうか。

 

今回は大阪メトロへの名称変更がいつからなのか、ロゴの意味や新駅・サービスについても合わせて調べてみました。

 

スポンサーリンク

大阪メトロに名前の変更はいつから?

大阪メトロ 名前 変更 いつから

大阪メトロという愛称で呼ばれることになった、大阪市高速電気軌道株式会社。

 

実際に名前が変更になるのは、大阪市営地下鉄が民営化される2018年4月1日からです。

 

大阪市営地下鉄の民営化が発表された当初、大阪市高速電気軌道株式会社の名前が長くて読みづらいと言われていました。

 

実際に見てみると確かに漢字が多くて難しい、堅苦しいイメージがありますよね!

 

そこでどういった愛称にするか様々な意見が出た結果、今回発表された大阪メトロに決まったそうです。

 

2018年4月1日から変わるということで新社会人や大学生・高校生などの門出にはピッタリな船出になりそうです。

 

地名の大阪と地下鉄を意味するメトロを合わせた、シンプルで覚えやすい名前になったことで利用者も親しみやすいですね。

 

大阪メトロのロゴの意味は?

大阪メトロ ロゴ 意味

今回発表された大阪メトロのロゴは、深く鮮やかな青色とMの文字が印象的ですね。

 

このロゴに書かれてるMは、メトロの頭文字・Mからきています。

 

Mが螺旋状に書かれていますが、これは中の空間が大阪のOを表しています。

 

また螺旋の動きが走り続ける地下鉄のエネルギーや推進力、動力を表しているとのことです。

 

ロゴの深くて鮮やかな青色は、安全安心の印象を想起させると同時にエネルギッシュな大阪、走り続ける活力のイメージカラーとして選ばれました。

 

大阪メトロ ロゴ 意味

 

シンボルの動きはマーク=平面の図形という概念を覆すチャレンジ精神と、大阪メトロがめざす走り続ける姿・変わり続ける姿を象徴化しています。 

 

たくさんの想いが込められた大阪メトロのロゴ、形や色一つ一つの意味を知ると愛着がわいてきますね。

 

大阪メトロの新駅・サービスは?

sponsored link

2018年4月1日から大阪メトロとして民営化される大阪市営地下鉄ですが、民営化に伴い新駅や新たなサービスはできるのでしょうか。

 

調べてみたところ、民営化に合わせた大阪メトロの新駅建設予定はないようですね。

 

2006年12月24日に開業した今里筋線の駅が大阪市営地下鉄の駅の中で一番新しく、今里筋線開業以降10年以上新駅は設置されていないことになります。

大阪メトロ 新駅

また民営化前に発行された定期券や割引サービスですが、これらは民営化後も継続して利用できることが決定しています。 

 

民営化に伴う新たなサービスとしては、トイレのリニューアルや防犯カメラ・可動式ホーム柵の設置が行われる予定となっています。

 

大阪メトロになった後も、より安全で安心して地下鉄を利用できるようなサービスをたくさん提供していってほしいですね。

 

まとめとして

大阪メトロへの名称変更は民営化に合わせて2018年4月1日から行われ、同時に新しいロゴも使用が開始されます。

 

2018年2月現在大阪メトロ新駅の設置予定はありませんが、安全を重視したサービス提供に力を入れていくことが発表されています。

 

民営化後もこれまでのサービスを継続しつつ、これまで以上の安全・安心と快適さを提供していってほしいですね。

sponsored link

関連記事はこちら↓

大阪 万博 2025

万国博覧会2025年の大阪以外候補地や決定はいつ?過去に日本で?

大阪マラソン2017出場 芸能人 過去 タイム

大阪マラソン2017出場の芸能人や過去のタイムは!応援場所は?

オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です