台風21号(2018)の勢力や関東地方への直撃は?進路予想図をチェック。

台風21号(2018)が日本列島に近づいてきましたね!

4日(火)午後には、四国から近畿に上陸すると予想されています。

天気予報などで、今回の台風21号(2018)は勢力について取り上げられますが、どのくらいの強さなのでしょうか。

また、関東地方への直撃はあるのでしょうか?

今回は気になる台風21号(2018)について、迫っていきます!

スポンサーリンク

台風21号(2018)の勢力は?

台風21号 2018 大阪への影響 最接近 いつ

台風21号(2018)「チェービー」は、3日現在、南大東島の東側を暴風域を伴って北北西に進んでいます。

台風の強さには階級がありますが、今現在、台風21号(2018)は非常に強いという、かなりの強い勢力を持って上陸すると予想されています。

今年は例年より台風が多く、台風21号(2018)「チェービー」はすでに9個目の台風ですが、

今年一番の強い勢力を持った台風

と言えるでしょう。

通常の台風は日本付近の海面水温は赤道付近と比べると低いため、台風が日本に上陸するときには、勢いを落としてからのことが多いです。

けれど、今回の台風は「非常に強い勢力」を保ったままです。

この「非常に強い勢力」の台風が日本に上陸するのは、なんと25年ぶりになります。

上陸した際は、非常に強い暴風・大雨であることが予想されますね。

sponsored link

台風21号(2018)の勢力や関東地方への直撃は?

台風21号(2018)「チェービー」は、25年ぶりの「非常に強い勢力」で日本に上陸するおそれがあることがわかりました。

9月4日(火)午後には四国や近畿に直撃すると予想されていて、被害が心配ですね。

気になる他の地方、特に関東地方へは直撃があるのか?ということも心配です。

今の時点では直撃はなさそうですが、通過の東側にかかっています。

台風は進路だけではなく周辺、台風へ回転して巻き込む風の方向から、特に東側(右側)が風が強くなります。

4日(火)午後、特に夕方からは、関東、東海、北陸地方も雨や風が強くなると予想されています。

 

進路から外れていても、強い突風の恐れがあり、十分な警戒が必要ですね。

sponsored link

台風21号(2018)の進路予想図をチェック。

ここで、台風21号(2018)の進路予想図をチェックしてみましょう。

台風21号 2018 大阪への影響 最接近 いつ

現在、台風21号(2018)は時速20メートルの速さで進んでいます。

とても速い速度で通過するため、荒れ始めるのも急だと予想されます。

色々調べていると不安になってしまいますが、通過前に、早めの備えをしておくことが大事です。

◇家の周り

  • 側溝や排水溝の掃除をしておく
  • 庭やベランダなどに出て吹き飛ばされそうなものは片づけておく
  • 窓や雨戸の補強、床上の浸水対策

◇非常用品、食料品などの準備

  • 懐中電灯、水、食料、救急用品などを準備

◇ハザードマップ、家族との連絡手段を準備

いざという時のために用意しておきましょう。

などなど、上記は一例ですが、台風の備えについて取り上げてみました。

そして、台風の際は不要な外出を避けるのが一番です。

どうしても台風上陸前などに外出しなければならない時、普段の傘などは風で吹き飛ばされる可能性があり、大変危険です。

その際はアウトドア用や、台風用のレインコート、長靴の着用が良さそうです。

私も、アウトドア用のレインコートはまだ持っていないので、今回の台風をきっかけに今後のことも考えて揃えてみようと思っています!

まとめとして

4日(火)に上陸すると予想される台風21号(2018)、非常に強い勢力ということで、被害をもたらさないかとても心配です。

不安になりますが、今回台風について調べ、知識をつけ準備をすることが大事だということを改めて学びました。

最新の台風情報も、こまめにチェックすることが大事ですね!

sponsored link

関連記事はこちら↓

台風21号(2018)の大阪への影響や最接近はいつ?名前や直撃の可能性も

カール関東での再販売予定や売ってる店は?通販では購入可?

オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です