人気急上昇中のアルコール飲料「檸檬堂」がまさかの一時出荷停止に

先日、コカ・コーラボトラーズジャパン「檸檬堂」の生産が追い付かなくなり、一時出荷停止になることが報道され話題となりました。

黒い炭酸飲料のイメージあるコカ・コーラですが、意外にも「アルコール飲料」は今まで出していなかったのです。
去年の10月から販売開始しており、すでにその魅力に虜になった方も多いでしょう。

ここでは、「檸檬堂」に関して、2点に分けて解説していきます。

1点目は、製法のこだわりとは?
2点目は、バリエーションの紹介

スポンサーリンク




復活がすでに待ち遠しい味

製法のこだわりとは?


製法のこだわりは、2点あります。
1点目は、レモンをまるごとすりおろすということです。

レモンの香りの素であるリモネンは皮に存在しており、皮の細胞壁が壊れる時に香りを強く放ちます。

ネット上の口コミで、「しっかりレモンの味を感じられて、口残りも悪くないし、何より美味しいと思ってます。」とありました。
この製法ならではのメリットです。

2点目は、前割りです。
すりおろしたレモンをお酒に漬け込みます。
そうすることで、味がまろやかになります。

漬け込む期間は、3日~1週間と様々です。

ちなみに、一般的に量産されているレモンサワーは、レモン香料と果汁をスピリッツに混ぜる製法です。
ネット上の口コミで、「安い缶のレモンサワー特有の味のトゲトゲ感が無くスッキリ飲めます」とあります。

これは、この製法ならではのメリットです。

また、人工甘味料を使用していないことも注目されていました。
甘みを強く感じさせるのにカロリーも抑えてあり、飲料メーカーとしては強い味方です。

バリエーションの紹介

・定番レモン味
スタンダードな味。アルコール5%。
レモン果汁10%使用の為、レモンの味が強いです。
他の味付けをされていないため、レモンの味をストレートに感じられます。
脂っこいモノには相性抜群です。

・塩レモン味
アルコール7%。
ソルティードッグのような味わいです。

・はちみつレモン味
アルコール3%。
ほろ酔いさんと同じ度数です。はちみつが入っている為優しい甘味がありますが、甘ったるくなくスッキリした甘味です。
女性受けがいいシリーズです。

・鬼レモン
アルコール9%。
こちらも、脂っこいモノには相性抜群です。
ガツンとくる酸味としっかりとしたアルコール感が感じされます。

まとめ

コカ・コーラボトラーズジャパンが本気で向き合った商品です。
現在販売停止ですが、またパワーアップして戻ってくることでしょう。

復活が待ち遠しいですね。

オススメ記事はこちら!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です