世界一のクリスマスツリー神戸の開催期間・場所?木の種類や画像

 

2017年も年末に近づくにつれだんだんとクリスマスシーズンも近づいてきています。

 

そんな中でで港町・神戸に誕生したのが世界一のクリスマスツリー

 

何が世界一なのか気になるので見てみるとどうやら大きさやイルミネーションの数といった派手な部分ではなく寄せられたメッセージ数で世界一を目指しているんだとか!?

 

となると現時点ではまだメッセージを神戸市民などに書いてもらうので厳密にはまだ世界一ではないんですが今後達成することは間違いないでしょう。

 

そこで今回は気になる世界一のクリスマスツリー神戸に関する

世界一のクリスマスツリー神戸の開催期間・場所?木の種類や画像

についてまとめてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

世界一のクリスマスツリー神戸の開催期間・場所?

世界一のクリスマスツリー神戸 開催期間 場所

クリスマスツリーといえば最近ではホームセンターでも安く購入することができ自宅で飾り付けをするという家庭も多いんですが

 

神戸に現れた世界一のクリスマスツリーはメッセージ数で世界一を狙う中でその高さもかなりのものになっていて高さ30メートルを超えるビックツリーになっています。

 

こんな大きな木はがどこからやってきたのかというと海外からではなく意外にも日本なんです!

 

 

しかも、切り倒されたのは日本海側の富山県氷見市で船で神戸港まで運ばれてきているというのでびっくりです。

 

展示される場所としては近くにショッピング施設がありのんびりすることができるメリケンパークに植樹されています!

世界一のクリスマスツリー神戸 開催期間 場所

 

現在でもクリスマスツリーを見ることができるんですが、本格的なイベント開催期間は

2017年12月2日(土)〜26日(火)になっていてこの期間に世界一のクリスマスツリーのライトアップなどがされる予定です。

 

期間中には反射材を付けてライトアップされるんですが、ここにメッセージを書いてその数で世界一を目指しているので近くの人はぜひ協力してみてください。

 

なおライトアップや周辺のショップの時間を見てみると

  • ショップ営業時間:AM11:00からPM22:00
  • ツリー点灯時間:PM17:30~PM22:00

 

となっておりもちろん無料で見ることができるので2017年の神戸の新しいデートスポットになりますね。

 

世界一のクリスマスツリー神戸の木の種類は?

世界一のクリスマスツリー神戸 開催期間 場所

はるばる富山県からやってきた世界一のクリスマスツリー!高さは30m越えで直径約1メートルと破格の大きさで、船で運んだ重さ約24トンという気になっています。

 

この木の種類がなにかというとヒノキ科の針葉樹アスナロで日本全国に分布している木だそうです。

 

クリスマスツリーの定番と言えばモミの木が浮かぶんですが、今回の世界一のクリスマスツリーではアスナロが選ばれています。

 

この立派な木なんですが樹齢約150年ということで大きさとしても世界的に有名な米ニューヨーク・ロックフェラーセンター前クリスマスツリーの記録も超えています!

 

世界一のクリスマスツリー神戸の画像も!

sponsored link

まだライトアップされておらずメッセージも取り付けられていないんですが、すでに画像のように存在感は抜群の世界一のクリスマスツリー!

世界一のクリスマスツリー神戸 画像

 

画像に見える隣の神戸ポートタワーが108mあるんですがそれにも負けないくらいの名所になっていきそうです。

 

世界一のクリスマスツリー神戸 画像

 

ライトアップされた画像も随時追記していくので開催期間が待ち遠しいところです!

 

まとめとして

2017年に突如として始まった世界一のクリスマスツリー神戸プロジェクト!

ほとんど民間の手によって進められている企画で今年のみのイベントになる可能性もあるのでぜひ一度生で見てみたいところですね。

sponsored link

関連記事はこちら↓

サトウのごはんCM 3人組 名前

サトウのごはんCMの3人組は誰?グループでの名前やかわいい画像!

FODプレミアム 登録方法

FODプレミアムの会員登録方法を画像で紹介!料金や無料お試しは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です