ランドクロウ(下町ロケット)のモデル・メーカー名前や価格は?ロケ地の協力も!

2018年12月23日に放送されたTBSドラマ「下町ロケット」最終回

ついに製品化された帝国重工と佃製作所の「アルファワン」と、ライバルのギアゴーストたちの「ダーウィン」の対決が…二転三転してハラハラしました。

えっ、これで最終回!?という終わり方をして、すごく気になってしまいましたが、お正月に特番があるんですよね。

1月2日(水)夜9時からの「特別編」で、最後の決着がつきます!

ストーリーの続きが、今から待ち遠しくてたまりません。

さて、佃製作所の無人トラクター「アルファワン」は最終回で「ランドクロウ」と改名されました。

無人トラクターという発想自体がドラマを見ていて驚きでしたが、毎回ドラマを見ていると、非実現的な話ではなさそうです。

実際にランドクロウのモデルはあるのかどうか、気になりました。

今回は、特別編が始まる前に、「ランドクロウ」のモデルについて、チェックしていきます!

スポンサーリンク

ランドクロウ(下町ロケット)のモデルは?

ランドクロウ 下町ロケット モデル

ドラマ「下町ロケット」で登場する、無人トラクター「ランドクロウ」。

今回調べてみたところ、なんと、似たようなモデルがあったのです!

アグリロボトラクタ

というトラクターです。

画像はコチラ↓

ランドクロウ 下町ロケット モデル ランドクロウ 下町ロケット モデル

見た目も、ドラマで見るランドクロウとそっくりですよね。

sponsored link

ランドクロウ(下町ロケット)のモデル・メーカー名前や価格は?

ランドクロー 下町ロケット モデル

ランドクロウのモデルの「アグリロボトラクタ」

さらに詳しくチェックしていきましょう。

このアグリロボトラクタのメーカーは、

株式会社クボタ

です!

クボタと言えば、農業機械の有名メーカーですね。

実はクボタは、今回の「下町ロケット」の撮影に農業機械を提供することが発表されていました。

クボタの全面協力のおかげで、ドラマにリアリティとストーリーに深みが与えられていたんですね。

最終回でも、このクボタのアグリロボトラクタのCMが流れていました。

アグリロボトラクタは、衛星利用測位システム(GPS)を活用して、耕うん・代かきなどの作業を自動で行います。

作業者はリモコンでトラクターを操作して、作業の開始・停止を指示できます。

本当に無人で作業できるトラクターがあるなんて…とビックリです!

さらに、「2台協調作業」(無人トラクターと有人トラクターを同時に走らせて効率化を高める)も可能とのことです。

気になる値段は

・9,700,000~11,000,000円

です。

アグリロボトラクタは60馬力で、同じような馬力のクボタの有人トラクター(REXIA)が

・8,331,120~10,028,880円

なので、値段の差はあまりないのにも驚きですね。

アグリロボトラクタは、2018年6月1日からモニター販売されています。

また、収穫用のアグリロボコンバインも2018年12月1日に発売されたばかりです。

値段は15,700,000円~1,200,000円で、こちらも全く手が届かない値段というわけではなさそうです。

無人トラクターはクボタしか出ていない?と思ったのですが、調べたところ

・ヤンマーアグリ「SMARTPIROT」シリーズ

ヤンマーアグリ「SMARTPIROT」

も、無人トラクターとしてリリースされていました。

ヤンマーも農業機械で有名なメーカーです。

値段は、

  • オートトラクター 10,725,000円~14,075,000円
  • ロボットトラクター 12,145,000円~15,495,000円

です。

デザインなども違い、ダーウィンのモデルとまでは言えません。

こちらもとても優れた無人トラクターです。

2つのメーカーから無人トラクターが出ているのはドラマのようでドキドキしますね!

sponsored link

ランドクロウ(下町ロケット)のモデル・メーカーのロケ地の協力も!

有名農機具メーカーのクボタは、「下町ロケット」のトラクターと操縦指導に協力しているだけでなく、工場やオフィスも撮影協力しています。

東京・京橋にあるクボタの東京本社は、「帝国重工のオフィス」として撮影されました。

ランドクロウ(下町ロケット)のモデル・メーカーのロケ地

さらに、クボタの茨城工場は、坪倉由幸さんが演じる蔵田慎二が勤める「ヤマタニ」の外観やオフィスとして撮影協力しています。

さすが大手メーカー、どちらもとても立派なオフィスでしたよね!

 

VitaNote(ビタノート)の口コミ評判は本当?価格は

まとめとして

見れば見るほどかっこ良く、頼もしいランドクロウ。

クボタの「アグリロボトラクタ」として、本当に発売されているのに驚きました。

今後の農業に変革をもたらしそうですね。

「下町ロケット」のお正月特番は、阿部寛さんたち出演者だけでなく、ランドクロウの大活躍も要チェックです!

sponsored link

下町ロケットゴースト 3話 裏切り者 誰

下町ロケットゴースト3話裏切り者は誰?内容を原作ネタバレをチェック!

世良公則 下町ロケット

世良公則の下町ロケットでの演技やかつらで植毛?昔の画像も!

オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です