ラピュタのバルスの意味や放送される時間はいつ?呪文は何語?

Sponsored Link

 

一年に数回は放送され、何度も見た内容なのについつい見てしまうジブリ映画!その中でも一番人気を誇るのが天空の城ラピュタ

 

1986年公開なので今から30年近い前の作品なんですが、今でも皆に愛されいる驚異の作品なんでTVのゴールデンタイムで10回以上再放送されているにも関わらず

 

20%近い高視聴率を獲得し続ける驚異的なジブリ作品の一つなので

 

今回はそんな天空の城ラピュタ

ラピュタのバルスの意味や放送される時間はいつ?呪文は何語?

についてまとめてみたいと思います!

 

ラピュタのバルスの意味は?

ラピュタ バルス

物語の内容としてはラピュタは空に浮かぶ伝説の城を舞台にシータとパズーが巻き込まれる壮大なストーリーで年月がたっても

 

ちっとも陳腐化しないばかりか、それを超える作品が出てきていない天空の城ラピュタ!

 

もちろん、物語の楽しみの一つなんですが最近のネット社会での違う楽しみ方は

 

クライマックスでパズーとシータが滅びの呪文バルスを唱えるシーンで

 

ツイッターユーザーがバルス!と一斉につぶやく祭りになっています!

 

 

本来のバルスの意味は

滅びの呪文で、作中で出てくるラピュタ語で「閉じよ」という意味。

 

映画の中では巨大飛行石に命令を伝え、中枢部の回路を自壊させ、ラピュタ全体を崩壊に導く言葉で

 

もともとはジブリファンやラピュタファンだけがバルス祭りに参加していたんですが

 

 

2013年のラピュタ放送時には

1秒間のに14万3199ツイートという世界最高ツイート数を記録し、これは2位以下を大きく引き離す

ツイート数最高記録として今でも残っており

 

 

2016年1月15日には記念すべきTV放送15回目となるので記録更新の期待もかかりますね!

 

ラピュタのバルスが放送される時間はいつ?

ラピュタ バルス 時間

2016年1月15日に放送が決定してる天空の城ラピュタ!となるとバルスをいうタイミングの時間が気になるので見てみると

 

放送時間自体は2013年とほぼ同じ

21:00~23:34になっており本来の上映時間が124分なので当然ながらCMなどが結構入ってきますね

 

バルスとシータとパズーが叫ぶのはクライマックスのシーンで、映画放送では1時間55分後なので

地上波ではなかなか読みづらいのですが

23:20~23:25の間には確実に入ってくるでしょう!

 

過去のバルス放送時間を見ても23時21~23分頃の時間帯になっているので2016年もこの時間帯から大きく変わることはなさそうです。

 

 

ラピュタのバルスの呪文は何語?

sponsored link

ラピュタ語で閉じよの意味を持ち滅びの言葉であることが明きからになっている呪文バルス!

 

完全な造語かと思いきや似たような発言で意味が通る言葉があり

 

 

トルコ語でバルスは平和という意味があり作中とは全く反対の意味なんです。

 

宮崎駿監督がバルスの呪文をトルコ語を参考にして作ったのかは明らかにされてはいませんが

 

一部ファンの中には

平和のためにラピュタを崩壊させる

という意味で類似性を指摘している声もあり、トトロは死後の世界!といった噂と共に作品公開後何十年経っても

 

話題を提供してくれていてバルスの呪文は何語かは別にしてもこんなに愛されている作品はないでしょう。

 

まとめとして

2016年放送ではバルスのシーンではどのくらいツイート数が集まるかも注目の天空の城ラピュタ!遅くとも23時20分にはTVの前に待機しておきたいですね。

 

sponsored link

 

関連記事はコチラ↓

スターウォーズ 見る順番

スターウォーズおすすめ見る順番や今後の公開は?高額コラボグッズも

進撃の巨人 映画

進撃の巨人・映画後編の超大型・鎧の巨人のネタバレ!火薬泥棒は誰

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ