メアリと魔女の花のジブリとの関係性や舞台モデルはイギリス?

Sponsored Link

 

2017年夏公開された大型アニメ映画・メアリと魔女の花!すでに数多くのテレビアニメやアニメ映画を手掛けている米林宏昌さんが監督をつとめ

 

声優にも数多くの有名芸能人を起用したり、主題歌に中高生を中心に人気のセカオワことSEKAI NO OWARIを抜擢するなどマーケット面でもよく考えられていて

 

すでにかなりの話題作になると評判なので

 

 

今回はそんなメアリと魔女の花

メアリと魔女の花のジブリとの関係性や舞台モデルはイギリス?

についてまとめてみたいと思います!

 

メアリと魔女の花のジブリとの関係性は?

メアリと魔女の花 ジブリ 関係性

画像を見るとパッと見は久々に公開されるジブリの新作映画かなという印象を受けるメアリと魔女の花のジブリ!

 

ただ本映画はスタジオジブリとは別会社となるスタジオポノックに制作された映画になっており、2015年に会社が設立されてから

 

今回のメアリと魔女の花のジブリが初の作品となり、正に文字通り社運を背負っている劇場アニメになるんですねー!

 

 

ただそれにしてもあまりに映像がジブリ作品と似すぎていてパクリ!?なんて声も聞かれるので

 

スタジオポノックとジブリとの関係性を見てみると

 

実は監督を務める米林宏昌さんは石川県の金沢出身で中退した金沢美術工芸大学商業デザイン科で基礎を固めた後にスタジオジブリに入社しており

 

 メアリと魔女の花 ジブリ 関係性

 

アニメーターとして働く中で、日本の巨匠である宮崎駿さんが監督をつとめるで原画や演出などを手助けいわば彼の映画つくりに対するノウハウを一番近くで見ていたんですねー。

 

在籍期間も1996年~2014年までの約20年間スタジオジブリで働いており

 

特にみんなが似ていると感じたメアリと魔女の花のジブリと借りぐらしのアリエッティに関していると

 

借りぐらしのアリエッティではスタジオジブリで監督を務めているので、世界観や原画などに共通点があり乃は当然で

 

本当にパクリとかではなくてちょっとホッとしています(笑)

 

ただ、長期の在籍で自身が監督を任されるまで重要なポジションについていたスタジオジブリをなぜ退社したのかちょっと疑問なんですが

 

この退社理由には複数の要因が絡んでおり

 

・ 当時、スタジオジブリが映画製作部門を解散したことで自身のやりたいことができなくなった(2017年現在では宮崎駿さんが引退を撤回し新作長編アニメーション映画計画を始動、制作部門の活動再開)

 

・ 作品として快活に動くものやファンタジーをやってみたいと希望を明かしている。

 

などの理由がありやはり一番は今では撤回されましが制作部門の休止が一番大きな出来事で好きなことができないなら辞めるしか仕方ないですよね・・・

 

ただ、喧嘩別れというわけではないので宮崎駿さんとの関係は悪くなく自身が新スタジオとなるスタジオポノックを設立したことも直接報告するなど

 

円満な関係は続いているんです!

 

ただ今後はお互いにアニメ制作会社として競う合うことになるので良きライバルとして切磋琢磨してぜひまた面白い作品を提供してほしいところです。

 

メアリと魔女の花の舞台モデルはイギリス?

sponsored link

原作が明らかになっており

 

イギリスの作家メアリー・スチュアートによる児童文学・The Little Broomstick。邦題としては小さな魔法のほうきが話の元になっているメアリと魔女の花!

 

現在では映画の公開に合わせ新訳 メアリと魔女の花が発売され

 

商品リンクはこちらより↓

 

こちらも話題になりそうですねー!

 

コンセプトとしては21世紀版の魔女の宅急便を作りたいという希望があり、

 

キャッチコピーとしても、「魔女、ふたたび。」ということが上げられており、世界観は似ている作品になっていますね!

 

実際似ている点も多くちょっとネタバレになってしまいますが

 

主人公であるメアリが、田舎にある叔母シャーロットの家へ送られてしまい同年代の子供がおらず遊び相手もいない中で

メアリと魔女の花 モデル

黒猫のティブと出会い、彼に連れられて数年に一度しか咲かないとの噂がある禁断の花、「魔女の花」を見つけます。

 

女優の杉咲花さんが声優をつとめるメアリはそのまま魔女の花を持ち帰り、自宅の庭に置いてあったほうきにつけてみると、なんと宙に浮き自分自身が空を飛べる事に気づきます!

 

と魔女の宅急便のように初めから魔法が使えるわけでなく偶然?必然?がきっかけで冒険に巻き込まれていくんですね!

 

 

そして、映像には印象的なシーンが多く出てくるんですがどこがモデルになったのか公式には発表されていないので見てみると

 

メアリーが送られた緑あふれる田舎は原作通り、著者のメアリー・スチュワートさんはイギリスのサンダーランド出身なんですが

 

以外にも少し郊外に出れば自然が多く残る場所が舞台だといわれています!

メアリと魔女の花 モデル

メアリと魔女の花 モデル

画像を見ても確かに似てると言えば似てますねー!

 

他にもこちら画像の↓

メアリと魔女の花 モデル

メアリがほうきに乗って辿り着いてしまう魔法学校のエンドア大学はスコットランドにある1583年に設立されかなりの歴史のある

 

エディンバラ大学

メアリと魔女の花 モデル

の外観に似ていますし物語全体を通してもイギリス地域なのかなと予想させてくれるシーンがあるので原作を忠実に再現するという意識があるのかもしれません!

 

米林宏昌監督自身が直接メアリと魔女の花はイギリスがモデルと言っているわけではないので、公式に舞台となっている場所などが不確定なんですが

 

こうやってモデルがどこなのかと候補がでるのはジブリからの流れで、もののけ姫のモデルが屋久島といわれ観光客が増えるといった好影響もあるので

 

またモデルとなった場所の情報があれば追記させていただきます!

 

まとめとして

映画を見た管理人の感想だと、ジブリ映画のいいところを集めたような印象を受けたメアリと魔女の花!

米林宏昌さんのスタジオポノックにとってはかなり重要な一作目の長編映画になるのでぜひ大ヒットして次に続けてほしいところです。

 

sponsored link

 

関連記事はこちら↓

笑ってはいけない科学博士 2016 ロケ地

笑ってはいけない科学博士(2016)のロケ地は埼玉!学校名は?

世界の渡部ビル 場所 富士市 どこ

世界の渡部ビルの場所は富士市のどこ?いつ完成でAKBも来る?

One Response to “メアリと魔女の花のジブリとの関係性や舞台モデルはイギリス?”

  1. Catherine Butler より:

    小説の場面は「Shropshire」です。映画の景色がな同じです、と思います。(あの地方にいたことがある。)しかし、メアリの「ピーター」という友達はアメリカの服着ています。理由をわからない!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ