ママリ(mamari)運営会社のコネヒト株式会社って?評判は?

無料で登録できお得なクーポンもついてくるママリ(mamari)はこちら↓

「夜泣き続くともう大変 1人で悩まずママリに相談~」というCMが放送されているママのQ&Aアプリ、ママリ(mamari)

妊活・出産・子育ての悩み解決のための情報を発信し、妊活中の女性から、幅広い年齢の子どもを子育て中のママまで、多くの女性に利用されています。

特に子供を産んだばかりの、初めてママになった女性にとっては、夜中の孤独感の支えになる強い味方です。

核家族化が進み弧育てに悩むママたちの救世主になったママリを生み出した運営会社のコネヒト株式会社とはどんな会社なのでしょうか?

評判はどんな感じ?

そこで今回は気になる

ママリ(mamari)運営会社のコネヒト株式会社って?評判は?

について情報を調べてみました!

スポンサーリンク

ママリ(mamari)運営会社のコネヒト株式会社って?

◇コネヒト株式会社は2012年設立の若くて注目の会社!

ママリというママ(とママになりたい女性達)専用のQ&Aアプリを開発したコネヒト株式会社

設立は2012年1月と、まだ10年も経っていませんので若い会社といえますね。

事業内容としては「家族の一歩を支える情報メディア・Q&Aアプリママリの開発運営」となっています。

利益追求型の事業が多い中で、このようにソーシャルなニーズについての開発を行う企業は珍しいですね。

しかも、物ではなくインターネット上で情報やコミュニケーションの場を提供することを主業とする会社である点がユニークだなという印象です。

立地は麻布ということで、女性の感性に敏感なエリアにあるんですね。

オフィスは開放的で木にあふれた優しいくつろげる空間で、キッズスペースもある、働く女性に優しい空間です。

 ※みんなのオフィス、を参照https://moffice.tokyo/articles/MUsDH6eg

会社のポリシーとして

  •  人の人生になくてならないものをつくる
  •  時々で消費されていくものではなく、人の生活に寄り添いその支えとなるサービスをつくる
  • ユーザー、クライアント、社員に対し、常に創造力を絶やさずものづくりを行う
  • 一つ一つの行動を成功のためのステップとすべく逆算の思考で行動する
  • お互いを尊敬しあえるオープンなチームづくり

といった志が掲げられています。

代表取締役社長は大湯俊介さん。

慶応義塾大学を出たエリートでありながら大学卒業後すぐ起業し、現在はお子さんもいらっしゃる若きパパでもあります。

陣痛タクシーに関する記事にアクセスが集まっていることに気づき、ちょうど奥様の妊娠・出産・子育てを見ていたのでママの悩みの大きさに触れ。

ママ応援サイトママリを立ち上げます。

そしてチャットのようなやり取りができるリアルタイム相談アプリ・ママリQを始めたのです。

まさにパパだからこそ気づいた視点を活かし運営している会社ですね!

ママリ(mamari)運営会社のコネヒト株式会社の評判は?

◇子持ちの女性が働きやすい会社だと評判!

コネヒト株式会社の評判について調べてみると

・ ママ向けサービスをやっているのもあり、子どものいる女性がたくさん働いている。みなさんイキイキと楽しそうにしている。

・ 若く活気にあふれていて、楽しく仕事に取り組める雰囲気作りをしている。

という良い評価も多いが、一方で

・ 子どものいる女性がたくさんいるものの、ほとんどがアルバイト・パート。社員ではごくわずか。

と、今後のスタッフのキャリア形成に注目だというコメントもありました。

(参照:転職会議https://jobtalk.jp/company/3570411

これから女性の声をどう生かして成長していくのか見守りたい会社ですね。

ちなみに私はリアルにママリを使っていますが、よくぞこんなアプリを開発してくれた!と感謝しており、よくこんなアイデアが出たなとも思っています。

女性専用のQ&Aアプリは多数ありますが、ママ・もしくはママになりたくて妊活中の女性だけを対象にしたアプリはなかなかそれまでありませんでした。

ママリの場合は、実際に子供を産んで育てている女性、真剣に子供を授かりたくて悩んで行動している女性だけが集っていますので、応える側も真剣です。

いわゆる炎上とか批判があまりありません。

何故なら、応える側も皆、当事者・経験者としてリアルに大変さが分かるから。

そして実際体験し乗り越えてきた経験を持っているので、悩んでいる人が求めている答えを知っている場合が多いのです。

つまりネット上とはいえ、同じ悩みを持つ人、少し前まで同じことで悩んでいた人が一緒に解決策を考えられるコミュニティを作り出しているのです。

一昔前までは、同居のばあばに助けてもらったり、近所や親戚に同じ子育て中のママがたくさんいて聞けたのが、現代は気軽に聞ける人が側にいません。

そんな中、ママリでは似たような悩みの人が助け舟を出してくれたり、共感してくれます。

本名でなく匿名(ニックネーム)でのやり取りで女性だけの為、デリケートな体の問題や、こんなことで質問していいのかなということも遠慮なく聞けます。

コネヒト株式会社の代表は男性なのに、よくこのような素敵なアプリを作ってくれたものだと思うサービスです。

まさに時代に適したサービスですね。

まとめとして

コネヒトの代表の大湯俊介さんは、企業とほぼ同時にお子さんが生まれ、子育てと仕事の両立に苦心した体験があるそうです。

そんな体験と、高い志と優れた知識があった為、このような時代の最先端を行くサービス・ママリ(mamari)を開発できたのだと思います。

これからも世の中に役立つ素敵なサービスを開発してほしいですね!

無料登録でクーポンがもらえるママリ(mamari)公式HPはこちら↓

オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です