プレミア12の決勝・準決勝の日程・会場はどこ?延長のルールは?

 

現在世界上位ランキング12カ国で争われている野球のプレミア12!4年に1度開催されるこの大会なんですがメジャーリーガーなどが参加しないので少し盛り上がりには欠けてしまっているんですが

 

順調に日本代表も勝ち進んでいるおり個人的には決勝進出し優勝する可能性も高いと感じているので

 

今回はそんなプレミア12

プレミア12の決勝・準決勝の日程・会場はどこ?延長のルールは?

についてまとめてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

プレミア12の決勝・準決勝の日程・会場はどこ?

プレミア12 日程

第1回大会となるプレミア12なんですが今回は開催国が日本と台湾の共催になっており、侍ジャパンの試合でも台湾で行われており

 

少し日本代表を見たいファンとしては残念なんですが

 

試合日程を見てみると

 

 

日本での開催は

11月8日にサッポロドームで行われた 開幕戦の韓国戦

と準決勝、3位決定戦、決勝戦

が予定されており

 

 

その他の1次ラウンドはA,Bグループに関係なく台湾での開催となっており

 

開幕戦を除いた1次ラウンドを勝ち抜いた準々決勝まではすべて台湾国内での試合になっているんですね!

 

 

つまり、戦力的には予選で負けることはなさそうな侍ジャパンでも万が一、準々決勝まで残ったチームと対戦して球数制限のないプレミア12なので

 

投手が好調で打ちあぐねて敗退ということになれば日本国内での試合は開幕戦札幌ドームのみとなってしまうんですね!

 

 

ファンだけではなくTVなどの関係者にとっても悪夢のような結果になってしまうでしょう!幸いアメリカを含めた中南米の選手たちが

 

元メジャーリーガーやマイナー選手中心のため準々決勝で負けることはなさそうですがそれでも野球はわからないですし怖いところです!

 

ちなみに準決勝以降の準決勝、3位決定戦、決勝戦の日本での試合会場は

プレミア12 会場

 

すべて東京ドームで開催が決定しており国際大会などで雨天順延できないことや集客の面も考えての洗濯になっていますね!

 

プレミア12の延長のルールは?

sponsored link

 

通常の野球のルールだと9回過ぎても同点の場合はメジャーリーグだと決着がつくまで回数・時間無制限で

日本だと12回まで時間無制限(日本シリーズ除く)で決着がつかなければ引き分けになるんですが

 

 

プレミア12では延長戦に独自のルールが適応されており

 

延長ルール:10回以降、無死1・2塁からのタイブレーク

 

で9回終了時の打順に関係なく、好きな打順からスタートすることができるんです!

 

これは今までほとんど経験したことないルールだけに見てみたいんですが

 

実際にグループが違いますがキューバ対プエルトリコ戦では延長まで行っておりキューバがサヨナラ勝ちをおさめています!

プレミア12 延長

 

 

侍ジャパンだと脚の速い1,2番を塁において3番のトリプルスリー達成のヤクルト山田哲人選手から4,5番に続けていきそうな気もしますが

 

1点取られた後攻なんかだとバントして一死2,3塁の形を作る方が個人的にいいのかな?と考えると2番から始めるなど

 

色々なパターンが考えられますね!理想としては延長まで行かず日本代表がスカっと勝ってくれる試合展開を希望しますがちょっと延長も見てみたい気もします。

 

まとめとして

2015年に野球の普及を兼ねてスタートしたプレミア12!選手の皆さんは長いシーズンを戦ってお疲れだと思いますがぜひ怪我のないようにプレーしてほしいものです。

 

sponsored link

 

関連記事はコチラ↓

京セラドーム 画像

京セラドームの画像やアクセス・電車の最寄り駅!イオンで弁当は可?

お腹太り ダイエット男性の中年お腹太りの原因や効果的なダイエット方法・筋トレは何?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です