フェアプレーポイント(ワールドカップ)とは?日本とセネガルの差は何?

大激戦となったロシアワールドカップ(2018)日本が入っていたグループリーグH最終戦(第3戦)

サッカー日本代表自体はポーランドに0-1で敗れましたが、最終的に1勝1負1分で決勝トーナメント一回戦進出をはたしました。

今振り返ると初戦のコロンビア戦の勝ちが大きく、2戦目のセネガル戦の引き分けも値千金でしたね。

正に大接戦でロシアワールドカップのグループリーグで一番もつれたといっていいでしょう!

実際にグループリーグH組は実力通りコロンビアが2勝1敗で通過したんですが、2位日本と3位セネガルは勝ち点・得失点も全く同じで

聞きなれないフェアプレーポイント

の差で順位が決定し天国と地獄を分けました!

そこで今回の記事では

フェアプレーポイント(ワールドカップ)とは?日本とセネガルの差は何?

についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

フェアプレーポイント(ワールドカップ)とは?

フェアプレーポイント ワールドカップ

戦前からポット1のポーランドに圧倒的な力はなく南米のコロンビア、アフリカの強国セネガル

そして前評判は低いですがポット4では各国に当たりたくないといわれていた日本が同居していたグループリーグH組。

その結果、日本の善戦もあり第3戦までポーランド以外の国決勝トーナメント進出の権利がありました。

最終的な結果はこちら↓

  • 1 位コロンビア: 2 勝0分1負・・・勝ち点6 得失点 3 
  • 2位 日本:1勝 1分 1負け・・・勝ち点4  得失点0
  • 3位 セネガル:1勝 1分 1負け・・・勝ち点4 得失点0
  • 4位  ポーランド:1勝2負・・・勝ち点3 得失点 ー3

見てもらえればわかりますが日本とセネガルは勝ち点・得失点差が全く同じです。

順位を決める基準は

①勝ち点→②得失点差→③全試合での得点→④当該チーム同士の対戦における勝ち点→⑤当該チーム同士の対戦における得失点差→⑥当該チーム同士の対戦における得点

となり①②③はまったく日本とセネガルは同じで④⑤⑤も

日本VSセネガルは2:2の同点だったんで①~⑥までは全て同じになります。

そこで⑦番目に出てくるのが物議を醸しているフェアプレーポイントで警告などの反則ポイントの加点方式で少ない方が順位が上になります。

つまり文字通り日本とセネガルの差はこのフェアプレーポイントの紙一重でちょっとしたことで順位が入れ替わっていました。

ちなみにこのフェアプレーポイントの加点は

イエローカード:1ポイント
イエローカード2枚での累積退場:3ポイント
直接レッドカード:4ポイント
イエローカードを貰っていてさらに一発レッドカード:5ポイント

と意外に細分化されています!

正直ロシアワールドカップが始まるまで知っていた人はあまりおらず、実際このフェアプレーポイントで決勝トーナメント行きのチームが決まったのも初でしょう!

ちょっとセネガルにとってはかわいそうですが、日本の代名詞であるクリーンな試合運びが評価された証拠ですね!

sponsored link

ちなみに決勝トーナメント一回戦は試合開始がAM3:00と平日のド深夜のため・・・

もし起きていられない人には翌日になりますがU-NEXTのワールドカップ見逃し動画配信というアイデアもあります!

31日間は無料なのでワールドカップ期間中楽しめます!

フェアプレーポイント(ワールドカップ)日本とセネガルの差は何?

では具体的にどのくらいフェアプレーポイントで日本とセネガルの差があったのかというと

日本が4点、セネガルが6点とここでも僅差で警告2枚分の差で決まっています。

つなり第3戦のポーランド戦でDF陣やキーパー川島選手が得失点差を守るために

イエローカード2枚での累積退場:3ポイント
直接レッドカード:4ポイント

などをおかしていれば逆転されるぐらいの差でした。

ちなみに日本の4点は全て警告で1×4=4点です。

内訳としては川島・長谷部・乾・槙野選手がイエローを貰っているんですが、確かに3試合で警告4は少なくフェアプレーだったのは間違いありません。

ただセネガルの方も6点すべてイエローで3試合で平均警告2枚なので特別多いわけでなくどちらかといえば日本戦でもクリーンな戦い方でした。

ただ勝負なのでフェアプレーポイントで決めるとなった以上はどうしようもないですね・・・

特に第3戦では日本もセネガルも警告1枚だけと明らかにフェアプレーポイントを意識していた試合運びをしていましたし今後も大事になってきそうな順位決定方法です。

sponsored link

まとめとして

グループリーグH組の決勝トーナメント進出国を決めたフェアプレーポイント!

色々言う人はいますが、得失点差の後なので決め方としては優れていますしこのフェアプレーポイントを意識することで2022年のカタール大会では

ラフプレーが減るかもしれずぜひ今後も導入を続けてほしいところです!

sponsored link

ロシアワールドカップ(2018)決勝トーナメントの見逃し動画配信を無料で楽しむなら

キャンペーン中は31日間無料でU-NEXTを楽しむことができるのでこの機会がおススメです。

関連記事はこちら↓

サッカー 試合会場 ロシア

日本代表決勝トーナメント一回戦の試合日程やキックオフ時間は?会場はどこかもチェック!

 

オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です