ハゼ蝋パックの美容利用で保湿効果!かぶれや原材料から作り方は?

 

2017年8月20日のザ!鉄腕!DASH!!のメイン企画であるダッシュ島で取り上げられたハゼ蝋パック

 

TOKIOの不動のリーダーである城島茂さんが年齢的なこともあり肌に潤いが無くなってきていてかなりの乾燥肌なので対策として使われていました。

 

そこで今回はそんなハゼ蝋パック

ハゼ蝋パックの美容利用で保湿効果!かぶれや原材料から作り方は?

についてまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

ハゼ蝋パックの美容利用で保湿効果!

ハゼ蝋パック 保湿効果

 

TOKIOでハゼ蝋(ろう)というとすでに漁業の実力も一流なだけでに魚のハゼを思い浮かべてしまうんですが、温暖な地域に生えているハゼノキの実からできるハゼ蝋。

 

あまり聞いたことがない名前なんですが昔から色々な用途に使用されていて、歌舞伎役者や舞妓さんなどの化粧下地としても利用されていたんです。

 

ということはかなり品質としてはよいことが予想されるんですが実際もその通りで、

かなりの美容効果があるんですね!

 

その中でも特に優れているのが保湿効果でこれは実際にハゼ蝋を作っている職人さんの手にはシミや皺がほとんどないことからも明らかなんです。

ハゼ蝋パック 保湿効果

これはまだ詳しいメカニズムはわかっていないんですが、ハゼ蝋の成分が強く影響していて他の製品にはない特徴があるといわれています!

 

そんなに保湿効果が高いなら女性としては量産してほしいなーと思うんですが、残念ながらハゼノキ自体の群生もそこまで多くなくかなり貴重で市場には出回りません。

 

鉄腕ダッシュではこのハゼ蝋をパックにしてお顔にしていましたが、いつかは誰でも買える商品にしてくれることを期待します。

 

ハゼ蝋パックの原材料から作り方は?

ハゼ蝋パック 保湿効果

愛媛県の由利島でロケ撮影していることはかなり有名なダッシュ島!

 

この島にはハゼ蝋パックの原材料である天然のハゼノキが見られるんですが、こちらの木は温暖な地域を好むので日本だと西日本や九州などで見ることができます。

 

たまたまダッシュ村にこんな原材料があったのはラッキーなんですが、そこからハゼ蝋パックを作ろうと思うのもすごい発想ですね。

 

ハゼ蝋の作り方としては

ハゼ蝋パック 作り方
  • まずはハゼの実を準備する。
  • 皮と実を臼などで分ける。(保湿効果のあるロウは皮の部分に含まれています)
  • 皮を蒸す。
  • それを太陽光にさらし紫外線により色素を破壊して白いロウの完成です

全ての工程をするには約2~3週間かかりなかなか商品化できないのも納得です。

ハゼ蝋パックのかぶれは?

sponsored link

ウルシ科ウルシ属の植物であるハゼノキ。うるしといえば人によってはかなりかぶれる人もいるんんですがハゼ蝋はどうなんでしょう?

 

ハゼノキの樹液時代はウルシに比べるとかなり弱いんですが、かぶれる可能性もあるのでちょっと注意が必要です。

 

しかし、そのハゼの実を使って作られるハゼ蝋はまったくかぶれる心配はないので安心してください。

 

もしかぶれる人がいたのなら古くから顔など大事な部分につかわれておらず、いくら保湿効果があるといっても怖いのでここまで注目されていなかったでしょう!

 

まとめとして

確かな保湿効果があるにもかかわらず大量生産は原材料が少なく、今ではほとんど使われてないハゼ蝋。

 

ただTVでも注目されましたしハゼ蝋パックはかなり女性の味方になりそうなので今後に期待です。

sponsored link

関連記事はこちら↓

新男米 ダッシュ村

新男米(ダッシュ村)の品種や販売はどこで?収穫画像や場所は!

新宿ダッシュ 場所 どこ

新宿ダッシュの場所はどこ?大学の屋上でTOKIOの栽培野菜は何?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です