コンビニフライドチキンの平均カロリーやケンタッキーと比較!

Sponsored Link

 

一昔前はケンタッキーやモスバーガーやクリスマスなどのシーズンはスーパーでの販売が多かったフライドチキン!しかし、最近ではほぼセブンイレブンなどほぼ全てのコンビニの主力商品になっており

 

かんじんの味も年を追うごとに改良され、今では手軽に買えるコンビニだからといって侮れなくなってきているので

 

今回はそんなフライドチキン

コンビニフライドチキンの平均カロリーやケンタッキーと比較!

についてまとめてみました!

 

コンビニフライドチキンの平均カロリー!

フライドチキン カロリー

もともとはアメリカで始まったフライドチキン!今では日本でもどこでも買うことができ、中でも一番手軽なのが

コンビニでしょう!

 

コンビニでのフライドチキンの歴史は意外に古く2004年に

現在ではファミチキが定番商品になっているファミリーマートで販売が開始されました!

 

 

そこから大手コンビニが次々に参入し今では食事やおやつなどとして手軽な存在になってきているんですが

 

やはり気になるのは油で揚げる製法からも想像がつくようにカロリーの高さで

 

そのカロリーを見てみると

まずはローソンのL(エル)チキ!

フライドチキン コンビニ

コンビニの中では極めて安く、その価格は128円(税込み)で学生に大人気の商品ですね!

 

チーズやHOTなどの味があるんですが

他のコンビニフライドチキンより若干大きいのでカロリーは284kcalになっています!

 

 

 

 

 

そして、日本で最初にフライドチキンを始めたファミマでは

 

主に骨ありのフライドチキンと骨なしのファミチキが有名で

フライドチキン コンビニ

気になるカロリーは各227カロリーと242カロリーになっていてほぼ大きさは似てるんですが骨の分だけフライドチキンが低カロリーになっています!

 

 

 

さらにはコンビニの王様セブンイレブンではフライドチキンも独自路線を突き進んでいて

北海道限定でザンギを販売していたり神奈川県などでは丸かわという商品を販売しているんですが

 

最近話題なのがカロリーを抑えた

 

揚げ鶏

フライドチキン コンビニ

こちらはあげているにも関わらず200kcal以下の170カロリーで

さくさくの衣をなくす新たな試みでフライドチキンなのに低カロリーを実現しています!

 

 

他にも

サークルKサンクスのフライドチキン(骨なし)264kcalや

ミニストップにはジューシーチキンプレーン236kcalなどもあり

 

なかなか激戦区のコンビニフライドチキン業界になっており、カロリーは平均すると240~250kcalぐらいになっています!

 

 

こうやって見るとローソンのLチキは値段が一番安いにもかかわらず、カロリーは高いですが一番お買い得感がありますね!

 

ケンタッキーと比較!

sponsored link

コンビニフライドチキンのシェアは年々上がってはきていますが、まだまだ一位を死守しているのが

 

ファーストフード店のケンタッキーフライドチキン!

フライドチキン カロリー ケンタッキー

店名にもフライドチキンが入っているのでその座は揺るぎそうもないですが

 

看板商品のカロリーを見てみると

一番人気のオリジナルチキンが237kcal!

でほぼコンビニと同水準ですね。

 

ただ味のほうは食べてみてもまだまだコンビニよりおいしく優位に立っているのでカロリーも大差ないのであれば当分ケンタッキーの天下は続いていくでしょう!

 

まとめとして

意外にも差がなかったコンビニとケンタッキーのフライドチキン!ただ今後は各社ともどんどんオリジナル商品を出してくるでしょうし

クリスマスシーズンだけでなく目が離せないですね。

 

sponsored link

 

関連記事はコチラ↓

腸内細菌 ダイエット

腸内細菌でダイエットは可能か?ヤクルトや効果的な食材!

お土産 日本外国人への日本からの人気お土産は?ビジネスでは何がいい?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ