カールスジュニアの店舗の場所や人気メニュー!特徴や価格は?

Sponsored Link

 

アメリカはカリフォルニアで発祥でいまでは全世界30か国以上に約700店舗を展開しているハンバーガーチェーン店・カールスジュニア(Carl’s Jr.)!

 

旅行先などでも食べたことがある人も多いかと思うんですが、待望だった日本上陸もはたしており2016年3月4日に都内でオープンして今後注目されそうなので

 

今回はそんなカールスジュニア

カールスジュニアの店舗の場所や人気メニュー!特徴や価格は?

についてまとめてみたいと思います!

 

カールスジュニアの店舗の場所はどこ?

カールスジュニア 店舗

日本1号店舗を2016年3月にオープンしたカールスジュニア

 

気になるその場所を見てみると

 

電気街・秋葉原!

ちょっと意外な気もしますが

 

カールスジュニア秋葉原中央通り店

〒101-0021
東京都千代田区外神田4丁目4-3

無題

 

 

アクセスとしては駅から5分以内と近く、人気が出るのは必至になりそうですね!

 

店内の様子を見ても従来のハンバーガー店舗に比べてシックでおしゃれな感じで

カールスジュニア 店舗

人気次第ですが、今後日本にどんどん店舗を増やしていく方針のようで

 

今後10年間で日本国内150店舗の建設する予定で、都内だと渋谷、お台場、六本木などのエリアに出店予定で

 

個人的にはどんどん東京だけでなく大阪や他の都市にもひろがっていってくれることを期待します!

 

カールスジュニアの人気メニュー!

カールスジュニア 人気

作り置きは一切せずにおか客さんのオーダーを受けてから作り始めるスタイルをとっているカールスジュニア!

 

こだわりのバーガーだけでなく、シェイクも店舗で手作りしており丁寧な接客も売りなんですが

 

人気メニューを見てみると

 

通常のバーガーもおすすめなんですが、なんといっても一番は

オリジナルシックバーガー!

(お肉の量は2分の1ポンドか3分の1ポンドで選択可)

画像を見ても

カールスジュニア メニュー

ブリオッシュ仕様のリッチバンズ、直火焼きアンガスビーフパティを使用しておりその大きさは従来のハンバーガーの軽く2倍はあるので

 

お値段としてはけっこうするんですが毎日食べるわけではないので(笑)たまに本格的なハンバーガーを食べる際の候補になってくるでしょう!

 

カールスジュニアの特徴や価格は?

sponsored link

特徴としては、まずそのボリューム感があるカールジュニア!普通ハンバーガーのセットを頼んだりするとちょっと物足りなさがあるんですが

 

カールスジュニアはパティも大きく十分な食べごたえがあるんですね!

 

まさにアメリカンサイズ!といったところなんですが、味も

 

・ ブラックアンガスビーフを100%使用

・ パティを鉄板ではなく直火で焼く

・ バンズも既製品ではなく店内で作っている

 

と見てみるとやはりおいしさにも理由があるんですね!

 

価格を見てみると

人気のオリジナルシックバーガーで

1/3パウンド(約150g)単品で850円でセットにすると1,200円と決してリーズナブルな価格ではないんですが

 

品質を考えると十分満足できますし、バーガーの大きさを考えるとけっこうなお値打ちかもしれません!

 

ほとんどのメニューは単品1000円ですし、バーベキューチキンサンドだと530円という商品もあります。

 

 

まとめとして

最近海外のハンバーガーチェーンの日本進出が続く中でも最大の話題になりそうなカールスジュニア!

店舗展開も続いていきそうなので今後も注目度はつきないでしょう。

 

sponsored link

 

関連記事はコチラ↓

シェイクシャック バーガー

NY最強バーガー・シェイクシャックの日本店舗やメニュー・価格は

築地さとう ステーキ

世界3位のステーキ・築地さとうの場所やメニュー!デザートも肉?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ