オーストラリアのペニンシュラ温泉は天然?設備や場所・アクセス

Sponsored Link

 

海外旅行に行って困ることは食事など色々あるんですが、ホテルなどでもシャワーだけ普通の国が多く日本に帰ってきて一番ホッっとするのがお風呂につかる瞬間という人もいいと思います!

 

そこで、海外でも温泉があればといいなと思うんですが最近旅行先として人気のオーストラリアには温泉リゾートがあり

 

しかも、場所が錦織圭選手の好きな大会としても有名な全豪オープンの舞台・メルボルンの郊外に位置し今後ますます注目を集めてきそうなので

 

今回はそんなオーストラリアのアペニンシュラ温泉

オーストラリアのペニンシュラ温泉は天然?設備や場所・アクセスは

についてまとめてみたいと思います!

 

オーストラリアのペニンシュラ温泉は天然?

オーストラリア ペニンシュラ温泉

日本人妻を持つオーストラリアがチャールズさんが、日本の温泉文化に魅了されオープンしたオーストラリアのアペニンシュラ温泉!

 

しかし、その道のりは当然平たんではなく今でこそオーストラリアで唯一となる天然温泉リゾートとしてうまく行っているんですが

 

母国に温泉を楽しめる場所を作るという構想をもってから実際のオープンに至るまでは10年以上の歳月がかかっており

 

当然温泉を掘るとなれば掘削の費用もかかり、これまでにかかえた借金は数億円にものぼっていたそうで、よく日本人の奥さんも我慢したと思うんですが

 

 

その結果掘り当てた天然温泉は

泉質も日本の温泉に負けず劣らない約50℃の温泉で今ではオーストラリア唯一の天然温泉として

オーストラリア ペニンシュラ温泉

ペニンシュラ温泉(ペニンシュラ・ホットスプリングス)と呼ばれ地元の人だけでなく観光の目玉になるくらいの成功をおさめているんです!

 

日本の温泉とは水着を着用で入浴するぐらいの違いですし、旅行で訪れても楽しめるでしょう。

 

ペニンシュラ温泉の設備は?

 

ペニンシュラ温泉をオープンするまでに世界中の温泉を研究し、設備などの情報収集にも余念がなかったチャールズさん!

 

その結果、ペニンシュラ温泉はただのお風呂ではなく総合温泉施設になっており

 

日本的な露天風呂はもちろん20種類を超える温泉を堪能でき

オーストラリア ペニンシュラ温泉

日本で人気の桶風呂なんかも設置されているんですね!

 

更には総合リゾートらしくエステやマッサージ設備やレストラン!周りは自然に囲まれた環境とあってここまで素晴らしい設備があれば人気が出るもの納得です!

 

ただ、チャールズさんの構想はまだまだその先がありゆくゆくは宿泊施設やジムなども足していきたいと考えているようで

 

いったいペニンシュラ温泉がどのように進化していくのか要注目ですね!

 

オーストラリアのペニンシュラの場所・アクセス

sponsored link

位置的には画像のようにメルボルンの南にあるペニンシュラ温泉!

 

距離的にはメルボルンから約100kmと一時間半ぐらいでついてしまうので、公共交通機関では不便な場所なので国際免許などでレンタカーなどが運転できるなら

オーストラリア ペニンシュラ温泉

車でのアクセスが一番早いでしょう!オーストラリアは日本と同じ左走行レーンですし、ラウンドアバウトなどを除けばそこまで変わったルールもないので

 

ペニンシュラ温泉周辺にはワイナリーやゴルフ場や豊かな自然が広がっているのでドライブには持って来いの環境です!

 

 

もし、車でのアクセスが難しければちょっと高くなりますが

・ メルボルンからのシャトルバスが

・ ツアー参加

などの多様なアクセス方法もあります!

 

まとめとして

TVで紹介されることも増えてきているオーストラリアのペニンシュラ温泉!観光の見どころが多いメルボルンからも近いですしぜひ一度訪れてみてくださいね。

 

sponsored link

 

関連記事はコチラ↓

シンフロ ロケ

シンフロで大分をPR?ロケ地やメンバー!イッテQ画像は?

オーストラリア 税関オーストラリアの税関は厳しい!タバコや食品は可能?禁止品は

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ