イースター(2016)はいつ?海外では休日で祝い方やお菓子も!

Sponsored Link

 

最近日本でもじょじょに定着してきている春のイースター!ハロウィンなんかはすっかり定番になっておりそれに続きそうな勢いがあるんですが

 

もともとはクリスマスなどと同じようにキリスト教において意味のあるお祭りなんで海外では日本のゴールデンウィークのように長期休暇になる国もあるので

 

今回はそんなイースター(復活祭)

イースター(2016)はいつ?海外では休日で祝い方やお菓子も!

についてまとめてみました!

 

イースター(2016)はいつ?

イースター 2016 いつ

 

もともとは十字架にかけられたイエス・キリストがに復活したことを記念するのが由来になっているイースター!

 

そのため、世界中のキリスト教圏の国々にとっては非常に重要な日になっておいるんですね。

 

そこで、まず2016年のイースターの日程を見てみると

 

イースターの日にちの決定方法は

 

「春分の日のあとの最初の満月から数えて最初の日曜日」

 

となっており2016年は3月27日が該当し、毎年日曜日に開催されるんですが

 

 

日本のGWのように毎年同じ日程ではないんですね!

GWの2016年の日にちはいつ!並びや最大何日間になるの?

 

ちなみに2016年の日にちの並びだと

 

3月25日(金)グッドフライデー

3月26日(土)イースターサンデー

3月27日(日)イースター:復活祭

3月28日(月)イースターマンデー

 

というようになっていて、国によっては金曜と月曜も祝日になるのでちょっとうらやましいです(笑)

 

イースター(2016)海外では休日で祝い方は?

イースター 2016 いつ

アメリカではイースターマンデーの28日月曜日は仕事がある会社も多いんですが、オーストラリアやヨーロッパでは4連休の設定になっているイースター!

 

イースター休暇として学校のお休みもこの時期に重なっており、家族とゆくっり時間を過ごす一年で大切な時期になっているんですが

 

そんなイースターの祝い方はというと

 

一つ目が画像のように飾りつけをしたり

イースター 祝い方

イースターエッグ吊るしたり春らしい(オーストラリアでは秋らしい)雰囲気を家族で楽しむようです!

 

そして2つ目がイースターエッグ作り!

 

日本でも最近見かけるようになってきたんですがカラフルなイースターエッグを作ったりし子供たちが絵を描いたりするのは楽しそうで

 

意外にそこまで手間もかからず作れるようで

親が作り方を教えたりしているんですね!もちろん他にも各国でイベントが開かれ色々な形でイースターをお祝いしています。

 

イースターのお菓子も!

sponsored link

まだまだそこまで馴染みはない日本でのイースターなんですが、すでに商売として取り組む動きもでてきており

一番わかりやすいのがお菓子ですね!

 

すでに、東京ディズニーランドではディズニー・イースターとして

イースターエッグを意識した

 

コチラのようなお菓子も出してますし

イースター お菓子

中身はチョコレートだったりキャンディーのようです!

 

 

他にも外で食べるアイスの定番であるサーティワン アイスクリームでもイースター時期前後に限定フレーバーを出すなど

イースター お菓子

すでに色々な場所でちょっとしたイースター気分を味わうこともできます。

 

まとめとして

海外ではすでに文化になっている大切なイースター!日本でもバレンタインやハロウィンのように流行ってくるか陽性も十分あるでしょう。

 

関連記事はコチラ↓

GW 2016

GWの2016年の日にちはいつ!並びや最大何日間になるの?

ハロウィン 由来ハロウィンの由来や国は?かぼちゃお化けやのもともとの野菜は何?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ