アジア最終予選(ロシア)の日程や試合方式は?対戦相手予想も

Sponsored Link

 

2018年に開催されるロシアでのWカップに向けアジア予選を戦っているサッカー日本代表!46の国と地域から2014年のブラジル大会と同じ4.5枠をめぐる大会で

 

日本は2次予選からの登場だったのですが、2015年6月から始まり2年以上にもわかる過酷な戦いの真っ最中なので

 

今回はそんな中でアジア最終予選

アジア最終予選(ロシア)の日程や試合方式は?対戦相手予想も

についてまとめてみたいと思います!

 

アジア最終予選(ロシア)の試合方式は?

アジア最終予選 日程

2次予選ではシリア・シンガポール・カンボジア・アフガニスタンという4カ国と同じグループEに入った日本代表!

 

いきなりシンガポールと引き分け、不安がよぎったんですがさすがに地力は他チームより数段上でアジア最終予選となる3次予選への出場は濃厚になっています。

 

 

ただ、最近ではアジア勢との試合でも内容的に拮抗するも多く1998年から5大会連続で出場しているワールドカップ進出も最終予選次第なので

 

試合方式を見てみると

 

まず2次予選を勝ち抜いた12チームをAグループ・Bグループの2組に分け

 

ホーム・アンド・アウェーでの総当たり戦で10試合を行い

 

A・B各組上位2チームがロシアワールドカップへ出場権決定。

 

各組3位チームでプレーオフを行い勝者が大陸間プレーオフへ回るフォーマットになっています!

 

 

なので、1,2位になってしまえば問題ないんですがアジア最終予選に残るチームは強豪国ですし

 

万が一、3位になってしまうと試合数も多くなりさらには

 

大陸間プレーオフ

 

北中米カリブ海予選4位の国とワールドカップへの最後のイスをかけて試合に挑むことになってしまいます!

 

アジア最終予選(ロシア)の日程は?

アジア最終予選 日程

まだ日本も含めてアジア最終予選進出チームは揃っていないんですが、すでに日程の方は発表されていて

 

2016年9月からスタートし

9月1日

9月6日

10月6日

10月11日

11月15日

 

2017年

3月23日

3月28日

6月13日

8月31日

9月5日

になっておりまだ対戦相手は未定で当然試合会場も決定していないんですが

 

計10試合に決まっておりまだ変更がある可能性はありますが、一週間で2試合を戦うケースもけっこうあり

 

選手のやりくりもワールドカップへ向けて重要になってくることでしょう!

 

アジア最終予選対戦相手予想も

sponsored link

2次予選に参加している国で

 

インドネシアが国内リーグの運営に政府が介入の可能性があるということでFIFAより資格停止処分を受けたり

 

クウェートも現在FIFAから資格停止を受けておりまだすでに消化済みの試合結果がどうなるかわからないなど

アジア最終予選 日程

例年にもまして混沌としているアジア予選!

 

各組1位8チームと各組2位のうち成績上位4チームの計12チーム

 

が最終予選進出なんですが、グループFだったインドネシアが2次予選開始前に除外されたことで

 

日本を含めた他の7グループは5位チームとの対戦成績がカウントされないということで非常に2位通過圏内チームにとってはやきもきする展開なんですが

 

最終予選で対戦相手になりそうな国を予想してみると

 

A-Hグループで一位になりそうな

 

サウジアラビア・オーストラリア・カタール(すでに決定)・イラン・日本・イラク・韓国・ウズベキスタンの8チームはほぼ間違いないでしょう!

 

難しいのは各組上位4カ国なんですが

 

シリア、UAE、タイ、ヨルダン、北朝鮮のなかから出てくる気がします!

 

 

まとめとして

どのチームが出てくるにしても中東などでの試合でいつも死闘になるアジア最終予選!見ている方もドキドキですが試合を行う選手は

とてつもないプレッシャーの中で戦っているのでぜひ応援をおくりたいところです!

 

sponsored link

 

関連記事はコチラ↓

サッカー オリンピック 年齢制限

サッカーのオリンピック年齢制限の理由やオーバーエイジ!女子は 

青春18きっぷ 2016青春18きっぷ大阪発で日帰りおすすめは香川!乗換や画像も

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ