お盆期間(2018年)のETC休日割引は何日に適用?土日に使えない?

早いもので、今年2018年も8月のお盆の帰省や旅行を考える時期に突入しましたね。

夏休み、どこ行こう!?実家に帰省もしなくては!

と、ようやく焦りだしましたが、どこに行くにも必須なのは車です。

お盆期間といえば、気になるのは高速道路の渋滞です。

今年も上手く時間を調整して走らないと…と思っていたら、驚きのニュースが飛び込んできました。

今年の8月11日(土・祝)と12日(日)は、ETC休日割引に適用されない

土日といえば、ETC休日割引だったのですが、代わりに適用される日はあるのでしょうか?

全国どの高速道路も適用なのか?などなど、色々気になったので詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

お盆期間(2018年)のETC休日割引は何日に適用?

お盆期間 2018年 ETC 休日割引 何日 適用

ETC休日割引は、そもそも観光需要を喚起することを目的としたもので、

  • 土休日(1月2日・3日含む)
  • ETC搭載の軽自動車と普通自動車

が、一部を除く地方の高速道路を通行する際に適用されます。

割引率は3割(本四高速は除く)なので、ドライバーとしては普段からとても助かる割引制度ですよね。

2018年の今年の一般的なお盆休み(夏休み)は何日ごろかというと、前出の

・8月11日(土) 海の日・祝日

・8月12日(日)

と、ご先祖様の霊をまつる行事「お盆」

・8月13日(月)~16日(木)

と合わせて、

2018年8月11~16日の6日間となる場合が多いです。

会社によっては、17日~19日も合わせて9連休というところもあるかもしれませんね。うらやましいです!

先日の7月4日に国土交通局とNEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本、本四高速、宮城県道路公社が、このお盆期間にあたる

8月11日(土・祝)・12日(日)

をETC休日割引の適用外にすると発表して8月9日(木)・10日(金)が代わりにETC休日割引適用になります!

sponsored link

お盆期間(2018年)のETC休日割引は土日に使えない?

お盆期間 2018年 ETC 休日割引 何日 適用

今年のお盆期間の土日にあたる8月11日(土・祝)・12日(日)はETC休日割引の適用外にすることがわかりましたが、代わりに適用される日があります。

先ほども述べましたが8月9日(木)・10日(金)

が、休日割引の適用日に変更されます。

分散利用を呼びかけることで、お盆期間の交通機関の渋滞の緩和を図る意味合いがあるようです。

 

今年は実験的に今回のお盆期間の適用日変更の効果と影響を分析し、今後の交通が増える期間での適用を検討していくとのことです。

交通が増える期間というのは、お盆期間の他に、ゴールデンウィークや年末年始ですね。

毎年お休みシーズンの渋滞には頭を悩まされますよね。外出していなくても、渋滞のニュースで様子を見るだけでも気の毒になってしまいます。

この適用の変更で、お盆期間の渋滞は緩和されるのか、高速道路を利用する側の私達も興味深いです。

sponsored link

お盆期間(2018年)のETC休日割引の変更の対象外は?

今年の8月11日(土・祝)・12日(日)はETC休日割引の適用外にすると発表されましたが、変更の対象外の道路があります。

 

  • ・NEXCO中日本が管理する「安房峠道路」
  • ・NEXCO西日本が管理する「広島呉道路」

 

こちらの道路は変更の対象外です。

11日(土・祝)・12日(日)はETC割引が適用され、9日(木)・10日(金)は通常通りになります。

NEXCOによると、この2つの高速道路は、都市を結ぶ道路ではない単独道路となるため、今回変更の対象外にしているとのことです。

ご利用の方はご注意ください。

まとめとして

今年のお盆期間のETC休日割引適用外のニュースを知り、はじめは戸惑いましたが、これで渋滞が緩和されるのであればこちらとしても受け入れやすいですね。

夏休みの計画も立てやすくなります。

今年の夏も安全に楽しく、外出や帰省を楽しみたいですね!

sponsored link

関連記事はこちら↓

山の日 2016 祝日

山の日で2016年から祝日に!日にちは固定?由来や2017以降は

オススメ記事はこちら↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です