【高校バスケ】高校No1プレイヤーが在籍する”あるチーム”とその都道府県をピックアップ

7月28日から鹿児島で開催された高校バスケットボール夏のインターハイ。
令和初の全国王者になるべく、各チームは熱戦を繰り広げました。

結果は福岡県代表の福岡第一高等学校が、105対59で福井県代表の北陸高校を撃破し、優勝しました。
毎年、福岡第一は国内では敵なしと言われております。

彼らは、また国際大会へも数多く経験し、経験を積上げております。
台北市にて開催された松山盃という国際試合、「青春籠球」という中国の選手育成ドキュメンタリー番組の企画にて行われた招待試合。これら招待試合で、アジア各国の高校代表メンバーを撃破し、アジアでも無敵の強さをみせております。

そんな彼らの強さの秘訣、福岡県高校バスケの見どころについてご紹介していきたいと思います。
1点目は、アジア無敵である福岡第一を支える存在は誰か?
2点目は、福岡第一を撃破する存在は実は国内に存在した?

この2点に分けて解説していきます。

スポンサーリンク




高校バスケ国内王者の強さとライバル

福岡第一の司令塔 河村勇輝選手

福岡第一の司令塔は、河村勇輝選手です。高校生NO1の司令塔です。

彼は、1年生からスタメンとしてチームを牽引しております。
スピードや視野の広さから出されるノールックパスは1年生の時からもう確立しておりました。
現3年生でも進化を続ける彼ですが、どの部分がレベルアップしていているのでしょう?

2点あります。
1点目は、シュート能力です。3ポイントシュートの精度が上がりました。また、彼は、NBAで活躍するジェームズハーデン選手がよく使うダブルステップバックからの3ポイントシュートを決めるだけの体幹と筋力がつきました。国内高校プレイヤーで、ハーデン選手の独特な技を習得し、試合で活かせる選手は河村選手の他にはおりません。

2点目は、ドリブルスキルです。とくにスクリーンの使い方です。
センター選手とピックアンドロールした場合、彼のマークマンが後ろから遅れてついてきます。経験の少ない彼ですと、勢いのままフィニッシュするかアシストパスをしました。しかし、今の彼はドライブのスピードを緩め、遅れてくるマークマンを敢えて背中でかかえながら、パスかシュートか駆け引きできる余裕があります。
細かい動きの1つ1つにも余裕が出てきました。

福岡第一を撃破する存在は実は国内に存在した?

実は、彼らを撃破できる力を持つチームが福岡県に存在します。
福岡第一の永遠のライバルと呼ばれるチームが、福岡大学附属大濠高等学校です。通称、「福大大濠」と呼ばれております。

彼らは毎年、福岡第一と勝ち負けを繰り返し、福岡県の決勝戦は事実上の全国大会決勝戦とも呼ばれるレベルです。
2019夏のインターハイ福岡県予選、福大大濠は惜しくも負けました。しかし、インターハイ予選後に、福岡第一とともに九州大会に出場した彼らは、福岡第一に次ぐ準優勝を勝ち取りました。

九州大会の結果により、冬のウィンターカップの出場校が福岡は2校に増えたため、彼らは全国制覇の可能性を大きく広げました。

彼らは、ウィンターカップの場でライバルである福岡第一を撃破したいと意気込んでおります。
彼らはこれからどこを改善すれば福岡第一から勝利をつかむことができるでしょうか?

1点目はセンターの木林選手の動き方です。
九州大会の福岡第一との戦いでは、木林選手は31得点をあげました。マークマンは、福岡第一のセンター・スティーブ選手でした。木林選手は、細身の体でセンターには持っていないようなスピードが持ち味です。
彼の外角での動きに、スティーブ選手は対応できておりませんでした。また、木林選手が外でプレーすることで、スティーブ選手もつられて外でディフェンスしますので、インサイドの高さがなくなり、その他選手のバスケットへのカットからレイアップシュートが目立ちました。

ということで、木林選手がオフェンスでカギを握る存在です。

2点目は、横地選手の動き方です。
横地選手は、高校の日本代表として戦うフォワードであり、福大大濠のエースです。
彼の良さはフォワードして点を取ることでありますが、新チーム直後は、ポイントガードとしても起用されておりました。レベルの高いポイントガードがチームに存在していなかったのです。これにより、彼の良さである得点力が半減しておりました。

しかし、チームのメンバーも力をつけ、ポイントガードも安定してきております。
再度、点取り屋として、横地選手が1on1を仕掛けるパターンを多く持つことも近いです。彼のプレーは、ダイナミックであるため、彼の得点はチームに勢いを与えることでしょう。

まとめ

現在、NBA選手の八村率いる日本代表は国際試合を戦い、良い結果を残しております。
現チームは、日本史上初のレベルの高さとも言われております。
バスケ界の盛り上がりが絶えない中で、高校バスケ人気も高まっております。

ということで、大注目の福岡県の高校バスケについてご紹介させて頂きました。

高校バスケ、冬の全国大会と呼ばれるインターハイにも、大注目ですね!

オススメ記事はこちら!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です